ともさんのHP >男の洋裁 >男の洋裁・作りかた >和風コートの作り方

和風コートの作り方と型紙

ウールで作った羽織風のコートです。型紙的には洋服。
自分用に作りました。サイズの変更できる型紙楽天 もダウンロードできます。制作過程を書きました。
完成した和風コート 完成した和風コート

和装に見えますが、洋服です。和装の羽織はお腹の部分が開いていて寒いので、「腹布」を付けました。
腹布はホックで固定しているので、取り外すことができます。腹布ない方が見栄えはいいですね。

広告


型紙のダウンロード

説明が長くなるので、ページを分けました。こちらからダウンロードされてください。
以下、この型紙を使うものとして作りかたを説明してゆきます。
型紙はPDFと洋裁CAD用のデータ、型紙リーダー用のデータを用意しています。
サイズが大体でこだわりがなければPDF形式、CADはできないけど大きさや細部に変更を入れたい場合は型紙リーダー、デザインを大幅に変えたい場合は洋裁CADを使うとよろしいでしょう。
洋裁CADも型紙リーダーも私が作っているフリーソフトです。

必要な道具

ミシン、マチ針、リッパー、手縫い針、アイロンなど。
ミシン、アイロンは必須。その他、一般的に必要な裁縫道具があればOK。

材料

ウールの生地を使いました。同じ大きさの裏地も必要です。
所要量は下の裁ち合わせ図の通り。
和風コートの要尺

青い枠は幅1350o×20200oです。以前購入して押入れに入っていた生地がこのサイズでした。ギリギリなんとか入ってホッとしました。
その他接着芯、チャック、伸び止めテープ、布の色に合ったミシン糸が必要。

所用時間

実際に作るのにかかった時間は以下の通りです。裏布付の服なので、簡単な構造の割には時間がかかりました。
袖がなぜか5cmほど短かったので、布を足すのに余分に時間がかかってしまいました。短い原因は、CADに袖長さを50o短く入力してしまったためです。
合計:約10時間
布の裁断:60分
裏布の裁断:60分
端ミシン:90分
前後身頃の接合:10分
見返しの取り付け:100分
袖取り付け:40分
袖の延長:50分
脇縫い:20分
裾縫い:40分
腹布の作成、ホック取り付け:120分

制作手順

実際に作った手順を写真で紹介してゆきます。

型紙の作成

洋裁CADで製図しました。以前他のCADで似たデザインの物を作ったことがあるので、 古い型紙をDXF形式で読み込んで、形状の違いを確認しながら描きました。
作図中作図中

和風コートの要尺裁ち合わせ図

型紙配置図型紙配置図

型紙はA3用紙12枚に入れましたが、袖を50o伸ばしたらはみ出てしまいました。ほんのちょっとですが、収まらないと歯がゆいですね。

布の裁断

カッティングマットの上に布を置き、その上に型紙を置いて、布に線をつけてゆきます。
型紙印付け

つけ終えたら印に沿ってロータリーカッターで布を切って裁断。
そのあと、布を裏地に当てて裏地を裁断。
裏布裁断





−以下制作中−

最終更新日: 2017-04-06 10:31:25

ともさんのHP >男の洋裁 >男の洋裁・作りかた >和風コートの作り方

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

ウエスト切り替えワンピースの作りかた  
気象観測装置を作りました  
五右衛門風呂の修復  
子ウインドウを開く  
キキョウの栽培、手入れ、増やしかた  
ツリービューにポップアップメニューを追加  
JavaFXでPopupMenu  
竹を曲げる方法  
井戸保護カバーの自作  
ルピナスの栽培、手入れ、増やしかた  
アメリカンホック  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます