ともさんのHP >田舎生活 >家庭菜園 >二ン二ク

二ン二クの育てかた

ニンニクの育て方についてまとめました。

品種と植付け時期

品種は暖地系(売岐早生、嘉定早生)と寒地系(ホワイト六片)があり、その地域に適したものを選びます。 植付け時期は9月下旬から10月上旬です。

広告


種球の準備

種球は自家採取する場合と購入する場合があり、購入する場合は信用のある店で購入します。
いずれも病気のない大球を10平方mあたり1-1.5Kg準備し、植付け直前に鱗片を分割します。

ほ場の準備

ほ場は日当たりが良く、耕土が深く排水、保水ともに良好で、肥法な粘質壌土を選びます。
植付け約2週間前までに10平方mあたり、堆肥20Kg、石灰質肥料1.2Kg、有機入り化成肥料を1Kg施用して耕起し、畝幅1.2m (4条植え)で畝立てを行います。

植付け

畝幅1.2m、株間12-15cm、条間30cmで、芽の出る方を上に向け深さ3-5cmに植付けます。
覆土が厚すぎると萌芽が遅れたり、不揃いになりやすくなります。


分けつ球の除去

1箇所から2本以上発芽する場合は、本葉3-4枚の頃、強い芽を1本残して他をかぎ取ります。
この場合、残す芽を傷めないように片手で押さえ、もう一方の手で引き裂くようにしてかぎとります。

追肥、水やり

追肥は12月と2月上中旬に化成肥 料を10平方mあたり400g程度施用します。
3月以降に追肥を行うと裂球と腐れの原因となります。
冬季と春先の乾燥期には、准水をしたり切りワラを散布して乾燥を防ぎます。
一方、雨が多いときには十分排水を行います。特に生育後期での土壌水分の変動は裂球、着色球の発生原因となります。


蕾の摘み取り

4-5月にかけてトウ立ちをしてきます。
このトウをそのままにしておくと、栄養が薫の方にいき、鱗片の肥大が悪くなるので早めに除去します。

広告


病害虫

排水不良や肥切れ、又は肥料の効きすぎは、ベト病、葉枯病やさび病の発生を助長します。
害虫はアプラムシやアザミウマがきますので定期的に防除します。
付着しにくいので展着剤を加えて下さい。

収穫、貯蔵

株全体の葉が1/2から1/3くらい黄色くなり、球の底部(尻部)が平らになったときが収穫適期です。
早すぎると収量が少なく、遅れると割れ玉が多く品質が低下します。
収穫は晴天で土の乾いた時に抜き取り、畑で2-3日乾燥させ、その後、
根を切って日陰の風通しの良い軒下などに4-6球ずつ束ねて吊るし、貯蔵します。

最終更新日: 2016-12-15 08:52:28

ともさんのHP >田舎生活 >家庭菜園 >二ン二ク

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

JavaFX印刷  
蜂舎の建築  
リンネの花時計  
JIS成人男子用衣料サイズ表  
ミツバチの空き巣板を保存処理しました  
人用の型紙をドール用に変換  
涼感インナーの比較評価  
園芸資材に使う竹  
シャガの栽培、手入れ、増やしかた  
蟻の飼いかた  
ヒマワリの栽培、手入れ、増やしかた  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます