ともさんのHP >男の洋裁 >男の洋裁・作りかた >お手玉型洋裁文鎮

お手玉型洋裁文鎮の作りかた

俵型のお手玉を作る要領で、中に入れるものを砂利に差し替えて、洋裁用の文鎮を作りました。
簡単な作りかたを紹介します。
お手玉文鎮


洋裁用の文鎮

紙の型紙を布にのせて、布にチャコで型紙楽天 を写してから裁断するのですが、その時にどうしても型紙が動いてしまいます。
型紙を止めておくために文鎮がいくつか必要になります。重ければいいので、私の場合本とかコップ、水を入れたペットボトルなどで代用していたのですが、 やはり使いにくいので、購入を検討してみました。金属製の文鎮は多くの種類が市販されていて使いやすそうです。
が、金属製だと落として怪我をしたり、床を傷付けたりしそうです。それに(鉄の塊のくせに)ちょっと高い。
そこで余りの布に小石を詰めた文鎮を作ってみようと考え、作ってみました。
作りかたとしては俵型のお手玉の作りかたと同じです。

広告


材料

布。今回は1個当たり25×18cmにしてみました。余りの布を使うので、細かいサイズは気にする必要ありません。このサイズだと大きで重い文鎮が出来ます。
口を縛るのには刺子用の糸と針を使いました。普通の糸と張りでは細すぎます。
文鎮布 刺子糸と針


まずは側面をミシン掛けして筒状にします。
ミシン掛け


片方の口ぐるりに刺子糸を通して引っ張り、口を締めます。
中身が漏れないようにしっかり締めておきます。
出来たらひっくり返して布の表側を出します。
口を結ぶ 表返し


中に砂利を入れます。パンパンに詰めてしまうと使いづらくなるので、6割くらい入れるとよいと思います。置いたときに平べったくなるくらい。
中身を入れる


残った口も周りを刺子糸で縫います。
口糸


ちょっとコツが要りますが、布の端を内側に折りこみながら、糸を引っ張って口を閉じます。
口を縛る


これで完成です。一個作るのに30分ほどかかりました。いくつか同時に作ればもう少し早く作れると思います。いろいろな余り布でいくつか作って置くと便利ですね。
サイズ違いも作って置くとよいと思います。
お手玉文鎮

最終更新日: 2016-10-20 09:36:45

ともさんのHP >男の洋裁 >男の洋裁・作りかた >お手玉型洋裁文鎮

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

袴の作り方  
布団の切りかた  
チューリップハットの作りかた  
自作温室の設計  
JAVAでメール送信  
洋裁CAD使いかた動画  
必要な肥料の量と種類  
綿繰り機の原理  
草花の育てかた  
画像を「拡大縮小回転反転文字の記入」して保存するクラス  
吉田式巣箱3Dモデル  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます