ともさんのHP >田舎生活 >家庭菜園 >セルトレイを用いた育苗

セルトレイを用いた育苗のコツ

セルトレイを用いた野菜の育苗方法です。期間一ヶ月程で定植できる大きさまで育ちます。
特に葉を収穫する野菜、キャベツ、ブロッコリーなどは苗を購入すればトマトなどの果実を収穫する野菜より割高にもなります。
これらは育苗するのがおすすめです。

広告


セルトレイ育苗で準備するもの

○セルトレイ
128穴、または144穴(ブロッ コリー、キャベツ)、、72穴(ハクサイ)、 200穴(レタス)を用います。
穴の少ないものは大きな苗になるもの、小さな苗は穴の多いものを選ぶのが効率的。
種まき数は、少なくとも定植本数の2割増しくらいにします。
○水稲用育苗箱
セルトレイの受け皿として使います。トレイの枚数分を用意します。
○育苗培土
ピートモス等を主体としたもの。市販のものでは与作N150が適しています。
○種子
種は育苗数の5割増し位を用意します。種まきを効率的に行うには、コ ート種子が適しています。
○液肥
トミー液肥等の500倍を育苗中期からかん水を兼ねて与えます。
○雨よけ設備
夕立等に直接当たると苗が痛んでしまいます。ハウス内や明るい軒下に設置します。風通しのよい場所が適しています。
○寒冷紗
暑い時期に育苗するときは、日光が強すぎるので、寒冷紗を用いて適度に弱めます。
○プロック、たる木など
台として用います。

育て方

○準備
設置場所には、まずブロックなどを置き、その上に水稲用育苗箱、その上にセルトレイを置くようにします。セルトレイ下に風が通るようにすることが肝心です。
○培土の充填
セルトレイにトレイに育苗土を入れ、軽く落として土を詰め、全てのセル穴に土を十分に入れます。
○種まき
各セル穴の真ん中を直径10o位の棒で押して穴を作り、1粒ずつ種を置きます。
その後上から培土を振り落として土をかぶせ、底穴から水がしたたるくらいに十分水を与えます。そのあと、乾燥防止のため新聞紙をかけてさらに水をかけ濡らしておきます
○種まき後
0〜2日目くらい
水谷氏はしませんが、乾燥してくるようなら、少量行います。

3日目〜10日目
芽が出るのをこまめに確認します。でたら新聞紙を外します。薄い寒冷砂を上に張って適度な遮光をします。
水やりは、その日の天候土の湿り具合を見て朝に行います。晴天日で700cc、 曇天日で400cc/1トレイを目安とします。
夕方に水を与えると苗が徒長します。

10〜20日目
葉色を見て、薄い500倍の液肥を1、2回与えます。

20〜25日目
液肥を時々与え、苗を仕上げます。定植2、3日前から寒冷砂を徐々に外し、光に馴らします。
本葉3、4枚になったころ、定植します。

最終更新日: 2016-09-20 10:50:57

ともさんのHP >田舎生活 >家庭菜園 >セルトレイを用いた育苗

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

ウエスト切り替えワンピースの作りかた  
気象観測装置を作りました  
五右衛門風呂の修復  
子ウインドウを開く  
キキョウの栽培、手入れ、増やしかた  
ツリービューにポップアップメニューを追加  
JavaFXでPopupMenu  
竹を曲げる方法  
井戸保護カバーの自作  
ルピナスの栽培、手入れ、増やしかた  
アメリカンホック  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます