ともさんのHP >田舎生活 >家庭菜園 >桃の剪定

【図解】桃の木の剪定方法、樹形の整えかた

桃は果樹の中では比較的小型の樹木で、放置しておいても樹高はそれほど高くはなりません。
また、自然に中央の枝の勢いが衰え、代わりに脇の枝が伸びるようになるので、低くて横に広がった、扱いやすい形になります。

広告


開心自然形の仕立て

桃の場合、通常は開心自然形という樹形に仕立てます。
これには2本主枝と3本主枝の2種類があります。どちらでも構わないのですが、2本主枝は場所が狭かったり、密に植える場合に採用されるようです。
形状を図にすると下のような感じになります。
2本主枝

2本主枝の側面と平面図
3本主枝

3本主枝の側面と平面図
どちらの場合も、枝が手のひらを広げたように間隔がなるべく均等になるよう配置し、大枝が垂直ではなく斜め45度くらいで広がるようにします。

最終更新日: 2016-09-12 16:04:02

ともさんのHP >田舎生活 >家庭菜園 >桃の剪定

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

SwingイベントでFXデータを扱う  
SwingアプリにFXを追加  
2DSceneと3DSceneを同時に表示  
Raspberry Piを太陽電池に接続  
100年前の日本ミツバチ巣箱を蘇らせたい  
半地下式温室で最低気温の降下を抑える実験  
各種Pane  
好光性と嫌光性の種子  
JavaFX基本コード  
JavaFX  
リナリア(姫金魚草)の育てかた  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます