ともさんのHP >ともさんのHP >ともさん日記 2 >ダニ対策寝具の機能分類

ダニ対策寝具の機能分類

普段からダニの被害にあわないように気をつけて寝具の手入れをしていましたが、油断してダニの被害に遭ってしまいました。
普段のメンテナンスも大切ですが、ダニ対策をしてある寝具を活用するのも大事だと感じました。
ダニ対策寝具について調べてみたところ、いくつか機能が分かれていることに気付いたのでおぼえ書に書いておきます。

ダニ対策寝具の機能

調べてみたら、大きく分けて3つのグループに分かれることが判りました。
@ダニを布団の中に入れない。
A布団に入ったダニを洗い流す。
Bダニを近寄らせない、または殺す。

広告

高密度生地

布団の布地を、ダニが通れないほど高密度に織った布を使うことで、布団の中にダニを入れない方式。
アルガードという商標出ています。
布団の綿の中に入れなければ、ダニも増殖出来ないでしょうから、効果はあるでしょうね。
使っているうちにダニが通れるようになってしまったり、肌触りが悪かったりしないのでしょうか?ちょっと気になります。
調べてみたところ、ホテルなど、業務用の寝具によく使われているみたいです。

洗っても劣化しない綿

布団の綿は洗うと固く締まってしまうので、布団は洗えないものですが、水洗いしても劣化しない綿を使った布団であれば丸洗いできます。
ウォシュロン、ダクロン、ホロフィルといった商標で複数の会社がこうした綿を作っています。
大きな布団は家庭では丸洗いできませんが、分割して家庭用洗濯機で洗える敷布団も見つけました。
汚れをダニごと洗い流してしまえば清潔なので、個人的にはこの丸洗いできる布団を買いたいなと感じました。

抗ダニシート

寝具とは呼べないかもしれませんが、ダニの嫌がるシートを布団の下に敷いて、ダニを寄せ付けない商品も見つけました。
ホウ酸の入ったシートでダニを干からびさせるものとか、機能はいろいろあるようです。
布団の表面の布に何らかの加工を施しているものもあるようですね。

ダニ対策布団、私の選択

今使っている布団を処分して、新しい布団を購入しようといろいろ調べたのですが...
結局、今のまま、手入れをしながら使ってゆくことにしました。
理由は、布団を捨てるのが大変だから。市に捨て方を問い合わせたところ、
 表面の布をとって、布は資源ごみとして出す。
 中の綿は1mで裁断して燃えるごみとして出す。
これはちょっと大変。
アマゾンのカートに丸洗いできるかけ布団と敷き布団を入れて、後は注文ボタンを押すだけのところまで来ていたのですが、 結局布団乾燥機を発注しました。

最終更新日: 2015-02-12 19:47:22

ともさんのHP >ともさんのHP >ともさん日記 2 >ダニ対策寝具の機能分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

初めての炭焼き  
家庭菜園のソバ  
合コン  
セミの飼いかた  
デジタル顕微カメラ  
美霊の泳ぐプール  
ジンジャーの栽培、手入れ、増やしかた  
日本酒合同のしかた  
薪ストーブの薪をもらいに出かける  
公園の神様  
渋柿で柿渋作り  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます