ともさんのHP >男の洋裁 >男の洋裁・作りかた >ズボンの持ち出しの作りかた

持出し部分の簡単な縫いかた

自分で作った型紙でパンツ(ズボン)を自作しているのですが、パンツの縫製で一番難しい部分が持出し部です。
教科書などでは難しく書かれていますが、私の場合趣味で自分用に作るため、簡単な構造で済ませています。
私流の作りかたを紹介します。

広告

持出し部の断面

まずは断面を考えます。
身頃の縫い代は全周10mmで考えますが、持出し部は重なりが必要なので、この部分だけ5mmにしています。
片側5mmずつで合計10mm重ね袷を作り、その内側にファスナーを縫い付けます。 左右の裏布にファスナーを取り付けます。
パンツ持出しの断面図

持出し部分の裁断

持出しの裏布は四角形にします。洋裁の本を読むと、テングとか難しい形状が出てきますが、自分用なので思いっきり簡素化します。
持出しの裏布 ズボンの左右身頃

右用が170×80mm、左用が170×120mm。それぞれ半分に折って端ミシンをかけ、170×40mm、170×60mmにします。
170oの理由は、ズボンの身頃の直線部分に縫い付けるためです。曲線部にかかるまで延ばせば穿きやすくなりますが、縫製はかなり難しくなります。
60mmと40oの理由は上の断面図から。左用の60oは多すぎるかもしれませんが、穿くときに計上が安定すると思います。

左側の持ち出しを縫う

下の写真のように身頃に裏布を置き、5mmの印をつけて縫います。
縫ったら裏返して折った部分にミシン楽天 掛け。
左側持出しを作る 左側持出し

右側の持ち出しを縫う

右側も同様に縫いますが、おり方が違うので注意します。断面図を見ればおり方の違いが判ると思います。
右側持出しを作る 持出しの折りかた

ファスナーの縫いかた

次にファスナーを縫い付けましょう。ファスナーはグニャグニャしているので、仮縫いして止めておくときれいに縫えます。
まずは右側、断面図の位置に縫い付けます。この時、ファスナーの裏表に十分気をつけましょう。間違えると残念なことになります。
ズボンのファスナーを縫い付ける チャックの縫い付け

左側は、断面図を見て印の線を引き、ファスナーを仮縫いしてからミシンで本縫いします。
今回は端から30oの位置に線を引いて縫い付けました。ファスナーの幅は製品によって多少異なるので注意が必要です。
ファスナー本縫

はい、これで持出しらしくなりました。
ファスナー完成

持出し下部の縫い付け

持出しの下部が開いたままなので、この部分の処理をします。
まず俣野部分を縫って閉じます。しかし、持出しの部分までは縫えないので、縫えるところまで。
股を縫う

股の縫った部分にアイロンをかけ、広げて、縫えていない部分を3角形になるように1週縫います。
最後に余ったファスナーを切断して、持出し完成です。
完成した持出し

最終更新日: 2017-03-22 09:23:06

ともさんのHP >男の洋裁 >男の洋裁・作りかた >ズボンの持ち出しの作りかた

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

男性用ズボンを作りました  
竹の伐採時期と油抜きの方法  
スイートピーの栽培、手入れ、増やしかた  
金太郎飴工法による小屋の建て方  
炭焼き窯作りました  
薪ストーブ  
ツバキの栽培、手入れ、増やしかた  
柿の剪定道具  
新旧文化式とドレメ式原型製図を比較  
玉縁ボタンホールの縫い方  
キャスケット型紙の設計方法と型紙ダウンロード  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます