ともさんのHP >ものつくり >小屋作り >大正時代の小さな家

(大正時代の)小さな家の平面図集

小さい家に興味があります。できれば住んでみたい。
今単身赴任で住んでいるアパートは十分に小さいのですが、 単に小さいだけではなくて、「小さいから住みやすい」っていう家に住んでみたいです。
昔の本を調べて大正時代の小さい家をリサーチしてみました。
元ネタはこちら こちら

10坪の家

この家、今私が住んでいる単身赴任アパートと同じくらいの広さです。
一人で住むには十分な広さなのですが、昔の人はこの家で一家族暮らしていたのでしょう。

広告

私のアパートに比べると、玄関がすごく広いです。昔はここで接客をしたのでしょうか?
私のアパートは玄関というより単なる沓脱スペースになってます。
10坪の家の平面図

12.5坪の家

12.5坪は10坪よりかなり余裕のある感じ。これだけ広ければ、一人では広すぎですかね。
今は8畳のままですが、茶の間書斎台所、ともに3畳ほどと大きくなっている。
現代では小さい部屋ってなかなか見かけません。なるべく大きな部屋にして広く使ったほうが使いやすいですから。
12.5坪の家の平面図

14.5坪の家

居間を狭くしてその他の部屋をそれぞれちょっと大きくした感じ。
なんかゴチャゴチャしてきましたね。
12.5坪の家の平面図

16坪の家

16坪、廊下らしい廊下が付いた。書斎が無くなって茶の間が4.5畳になる。
2畳の部屋があるけど、来客用でしょうか?2畳の部屋って入ったことがない。
気のせいか、12.5坪の家の方が広く感じる。
16坪の家の平面図

同じく16坪の洋館。
ドアが狭い家をさらに狭くしている感じ。いっそのこと大きなワンルームにしてしまえばいいのに。
16坪の家の平面図

適度に小さくて住みやすい家はどのくらいの大きさ?

一人で住むのであれば10坪の家でも十分そうですね。
個人的には12.5坪の家が一番住みやすそうな印象を持ちました。
広さだけでなく、間取りの要素も大きいのでしょう。
縁側がすごくいいと思うのですが、現代の家では防犯上こんな構造では成り立たなそうですね。

最終更新日: 2014-04-16 21:46:48

ともさんのHP >ものつくり >小屋作り >大正時代の小さな家

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

好光性と嫌光性の種子  
JavaFX基本コード  
JavaFX  
リナリア(姫金魚草)の育てかた  
シイタケ原木栽培のしかた  
アロハシャツ(開襟シャツ)の型紙  
アロハシャツの作りかた  
ヌートリア  
蜂舎の屋根張り  
机上棚とプリンタ棚の自作  
アメリカンホック  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます