ともさんのHP >男の洋裁 >男の洋裁日記 >名古屋の布生地販売-大塚屋

名古屋-大塚屋と日暮里トマト

名古屋の近くに転勤になったので、名古屋の布生地を販売する大塚屋さんに行ってみました。
大塚屋さんを紹介するのもなんなので日暮里の雄、トマトさんと比較して紹介してみます。
私の主観で書くので、その点ご承知の上読まれてください。

驚くほど規模の大きい大塚屋

大塚屋さんはネットで調べて知ったのですが、行ってみてその大きさ、客の多さに驚きました。
趣味の人たちだけでなく、プロっぽい人もたくさん見かけました。

広告

ビルの地下1階から4階までが売り場です。
トマトの方はもっと階数があるし、別棟もあるのですが、ざっと売り場面積的には同じくらいな感があります。

地下鉄のすぐそばで迷わない

初めて行くので迷わないように、スマホで確かめながら行こうと思ったのですが...
大塚屋案内 名古屋大塚屋

なんだ、地下鉄駅の壁にでかでかと案内が貼ってあります。
4番出口を出たら、すぐに入口がありました。これなら迷いませんね。

親切な陳列

トマトにかかわらず、日暮里繊維街の店舗は元々は卸なので、客あしらいにしろ、商品の置き方にしろ、大変雑な感じがします。
布は棚に置いてあるだけ。客がほしいものを持ち出してカットしてもらう。
カットする長さを躊躇してしていると「買うの?買わないの?」と大きな声で急き立てられてしまいます。
反物の長さが少し余ると「ついでに全部買ってくれ」。

こんな感じで言われてしまいます。個人的には気にしていないですが、若い女性とか、見てるとかわいそうになります。

大塚屋はこれに対して、商品を「陳列してます」って感じがします。
反物を置いてあるだけでなく、触って確かめやすいように布片が別に置いてあります。素材の説明もきちんと書いてあります。

布以外にも豊富な品ぞろえ

布はすごくたくさんの種類がありました。日暮里に比べれば、勿論少ないと思いますが、趣味レベルでは十分だと感じます。
ただ布を置いてあるだけでなく、シャツ用に適した生地が集めてあったりして、とても選びやすいと感じました。
日暮里の繊維街では店舗ごとに特徴を出していて、かなり狭い範囲の品ぞろえになっていますが、大塚屋は糸やボタンも全部ここで揃えられそうな感じです。
特に糸の多さには驚きました。シャッペスパンの糸、全色そろっていたんじゃないだろうかと思います。

日暮里にないサービス、型紙のオーダーメイド

日暮里には何度も行ってますが、こんなサービスをしているところはなかったと思います。
作りたい服の写真とかを持って行って、「こんなの作ってほしい」と言えば作ってもらえるみたいです。
これには驚きました。
型紙の需要って潜在的には大きいものだと思います。みんな自分で自分に合った型紙楽天 を作りたいのだけど...そのための道具がない。
なので私も洋裁用のCADを作っているのですけどね。こちら

まとめ

店内を2周くらいして、結局この日は何も買わずに帰ってきました。
日暮里で探したけどなかった生地も見つけたのですが、作りたい服はもう別の生地で作ってしまった。
家は岡山県なので、名古屋は日暮里に行くまでの半分強くらいの距離。日暮里に行きたいけど、あんまり予算がないし、という時はここで買い物するのも いいかなと感じました。
とりあえず、今は名古屋まで特急で1時間今日ほどのところに単身赴任しているので、今後何回かは買い物に訪れることになりそうです。

リンク

名古屋-大塚屋
日暮里-トマト

最終更新日: 2014-04-14 20:22:02

ともさんのHP >男の洋裁 >男の洋裁日記 >名古屋の布生地販売-大塚屋

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

ブルーベリーの挿し木  
シンプルなパネルラインワンピースの型紙と作りかた  
和風コートの作り方  
ホオノキ  
雑草でグリーンカーテン  
エケベリア植え替え  
E型肝炎体験記  
フラワースタンドの自作  
ウエスト切り替えワンピースの作りかた  
メーラーの引っ越し  
RaspberryPi用Javaサンプルプログラム  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます