ともさんのHP >男の洋裁 >男の洋裁・作りかた >ミシンでボタンを付ける

ミシンを使ってのボタンの付けかた

もう7年くらい洋裁を趣味にしているのですが、ボタンは手で付けていました。
最近ミシンでボタン楽天 を縫いつけることができるのに気付きました。
ミシンでつけたボタン

ミシンを購入した時に取扱い説明書をよく読んだのですが、そんなことは1つも書いてなかったので、できないと思い込んでました。

広告

誤ってミシン針をボタン上に下ろしてしまえば針が折れてしまい、怪我をする危険があります。目を近づけて行う作業なので、危険といえばとても危険です。
ミシンメーカーから見れば、こんなこともできますよと書けば怪我の責任を負うことになるので書かなかったのでしょうか...。
しかし、ミシンは元々危険な道具でもあります。扱い方を理解して慎重に操作すれば怪我などすることはありません。

ボタンの穴間隔を測定する

ボタンを用意します。穴の間隔を定規を使って測りましょう。一度に縫えるのは2つの穴だけ。位置を通す穴の間隔を測ります。
いくつか測ってみましたが、大体3.5mmです。

ミシンの設定

次はミシンの設定。ジグザグ縫いに設定し(ジグザグ縫いができないミシンはボタン付けができません)、送り歯が出ないように設定レバーを変えます。
このレバー、私のミシンには裏側にありました。このレバーの存在に、今回初めて気づきました。
ジグザグミシンの設定私のミシン、一番上右から2番目がジグザグ縫いの設定。

送り歯を引っ込めるレバー送り歯を引っ込めるレバー。私のミシンには裏側についていました。

広告


ミシンでボタンを縫いつける

布をミシンに置き、ボタンを挟み込んで押さえつけます。押さえはジグザグ縫いように変えておきます。
ボタンを押さえた状態ボタンを押さえた状態

ミシンはモーターで動かさず、ローラーを手で回して、慎重に穴に通します。ジグザグ縫いに設定しているので、2つの穴に交互に針が入ります。
手回しローラー手回しのためのローラー

もし針が穴の壁に擦るようなら、押さえをちょっと上げれば自然にボタンが移動します。
糸を数回通したら完成。4つ穴であればこれを残りの2穴でもう一度繰り返します。

ミシン取り付けたボタンの出来栄え

今まで手縫いでつけてきたのですが、ミシンのほうが数段きれいに付きますね。それと、しっかり固定されます。
ただ、布とボタンの隙間がないのが難点。ボタンの下にすぺーさーを挟んで縫い、そのあと外せばいいかなと思います。
今後作る服はみんなミシンでつけようと思います。
ミシンでつけたボタン ミシンでつけ終えたボタン

最終更新日: 2016-12-19 05:18:28

ともさんのHP >男の洋裁 >男の洋裁・作りかた >ミシンでボタンを付ける

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

ツバキの栽培、手入れ、増やしかた  
柿の剪定道具  
新旧文化式とドレメ式原型製図を比較  
玉縁ボタンホールの縫い方  
キャスケット型紙の設計方法と型紙ダウンロード  
重箱式巣箱の図面  
ブルーベリーの挿し木  
ホオノキ  
アリジゴクの飼いかた  
シンプルなパネルラインワンピースの型紙と作りかた  
ベジェ曲線の原理  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます