ともさんのHP >田舎生活 >草花の育てかた >カタクリの栽培、手入れ、増やしかた

カタクリの栽培、手入れ、増やしかた

カタクリの栽培、増やし方、手入れの仕方についてまとめました。自分のおぼえがき用の文章です。
本草図譜カタクリ本草図譜収録のカタクリ

分布

カタクリはユリ科カタクリ属の球根性多年草です。
日本にはカタクリ1種しか自生していません。世界には15から25種あるとされ、すべて北半球に分布しています。特に北米大陸には多くの種があります。

広告

特性

落葉樹林の林床に自生しています。日陰か半日陰の環境を好みます。排水の良い土地が好ましいです。早春の木の葉が茂る前に葉をだし、花を咲かせます。
草丈は10から20p、花茎の先に長さ4〜6cmほどの花が付きます。花の色は淡紅か紅紫。まれに白い花が咲きます。6個の花被片は反り返るのがこの花の大きな特徴です。花被片をよく見ると、根本近くにW型の斑紋があります。花は朝開花して夕方は閉じます。雨の日は開花しません。

名前の由来

球根を割ると栗に似ているからとも、古名の「堅香子」からきているともいわれています。

利用方法

球根から良質のでんぷんが取れるため、片栗粉として利用されてきました。

園芸品種

カタクリの園芸品種として、黄色い花の咲く「パゴダ」があります。これは北米産の種を改良したものです。

育てかた

深めの素焼き鉢が栽培に適しています。赤玉土に3割ほど腐葉土を加え、元肥を混ぜて培土とします。球根は5cm位の深さに植えます。
鉢は午前中は日が当たり、午後から日陰になるところに置きます。水は鉢が乾燥したらたっぷりと与えます。
花が終わったら、葉が枯れるまでは時々液肥を与え、球根の充実をはかります。夏、地上部が枯れたら、涼しい日陰に移し、乾燥しないよう時々水を与えます。
秋になったら植え替えをして次シーズンの準備をします。

入手方法

秋に球根が流通するのでこれを入手します。

病害虫と病気

ハダニ、ナメクジに注意します。

花期

カタクリの花期は3〜4月です。

増やし方

カタクリは球根で増やします。毎年植え替えをして分球させます。

最終更新日: 2017-03-23 08:04:13

ともさんのHP >田舎生活 >草花の育てかた >カタクリの栽培、手入れ、増やしかた

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

グラジオラスの栽培、手入れ、増やしかた  
ズボンの持ち出しの作りかた  
オオイヌノフグリ  
ものつくり  
アロエの株分け  
屋根から作り始めて最後に基礎を作る建物  
メッシュアニメーション  
JavaFX アニメーション  
バードフィーダーの自作  
平坦なTriangleMesh作成Class  
MeshViewの扱いかた  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます