ともさんのHP >火曜日の怪談 >親切

オリジナル怪談 第14話:親切

もう20年も前のあの日。僕は激しい揺れでベットから転げ落ちて目を覚ました。

そのころ僕はまだ学生で、広島から神戸に出てきて、アパートで一人暮らしをしていた。
卒業間近、新社会人になることへの準備で一杯だった僕の心の中身は、地震によって洗いざらい流されてしまった。

広告

どうやって逃げたのかよく覚えていない。玄関のドアは歪んで開かなかった。
ベランダから瓦礫だらけの地面へ飛び降りた時には、すでに火の手がすぐ近くまで迫っていた。

親切なおじさん

どこをどう歩いて逃げたのか...気がつくと静かな通りに立ち尽くしていた。
目の前にスーツを着た初老の男性が立っている。
「あーあ、死んでしまった」
男性は倒壊したビルに向かってそうつぶやいた。きっと部屋に奥さんがいたのだろう。出勤で自分だけ外に出た直後、地震に見舞われたに違いない。
彼は僕に気付くと声をかけてきた「きみ、大丈夫かい?」
「あ、はい。大丈夫です」
とっさに答えたものの、全然大丈夫ではなかった。パジャマの上にとっさにはおったブレザー。裸足のまま履いたスニーカー。
手のひらはどこで切ったのか、ざっくりと切れていて、赤黒い血が固まっている。
財布も食べ物も持っていない。
「お困りでしょう」男性はポケットをまさぐると、一万円札を何枚か取り出し、僕に差し出した。
「おじさんはもういらないから、君にあげよう。これで服と食べ物を買うといい」
受け取らない理由はない。今の自分は本当の無一文だ。僕はお札を受け取りながらこう言った。
「ありがとうございます。でもお金は必ずお返しします。ぜひ連絡先を教えてください」
男性は胸ポケットから名刺を取り出し、手渡してくれた。

避難

道はあちこちで通れなくなっていたけど、ともかく実家のある西へ向かって歩いた。
借りたお金は非常に役に立った。崩れかけた服店でとりあえず体に入る服を分けてもらい、ジュースを買い、電車に転がり込んだ。
広島の実家にたどり着いたのは、2日後のこと。
その後はどっと疲れが出たのと、傷の痛みで1週間ほど寝込んでしまった。テレビをつけても、新聞を読んでも震災のことばかり。
布団の中にしか静寂はなかった。

広告

被災地へ

そういっても、のんびりしている訳にもいかない。
落ち着いてみれば、逃げ出したアパートのことが気がかりになってくる。
すべて燃えてしまったかもしれないけど、大切な物や必要なものがたくさんあるのだ。
これから入社する、神戸の会社がどうなったかも気にかかる。
借りたお金も返したい。
神戸に戻ったのは2週間後のこと。普通列車を乗り継ぎ、最後は歩いて戻った。
アパートはきれいさっぱり燃えてしまっていた。拾えるものは何もない。
会社へ行ってみたが、新入社員のことなど構っていられるような状況ではなかった。
最後に借りたお金を返すために、あの男性を訪ねてみることにした。

写真

あの時もらった名刺は血で汚れ、皺くちゃになってしまっていたが、文字は十分に読める。
郊外にある小さな会社。彼はその会社の社長さんだった。
小さな事務所をのぞくと、愛想のいい中年の女性が出てきてくれた。
「まあまあ、こんな大変な時にわざわざ訪ねていただけたのですか。故人もきっと喜びますよ」
驚いてしまった。あのあと、火災にでも巻きこまれてしまったのだろうか?
ともあれ、借りたお金を遺族の方に返していただこうと考え、事情を説明することにした。
女性はキョトンとして話をきき、「あのう、人違いですよ」と言った。
「社長は地震で倒壊したビルに押しつぶされてしまったのです。」即死だったのです。
でもこの名刺は確かに...社長の写真を見せてもらったが、人違いではない。確かにあの時の人だ。
結局、お金は受け取ってもらえなかった。
僕はせめてお礼だけでもと頼み込み、事務所に据えられたありあわせの祭壇に手を合わせ、写真に向かって呟いた。

「ありがとう」

最終更新日: 2016-09-13 07:27:28

ともさんのHP >火曜日の怪談 >親切

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

洋裁CAD使いかた動画  
ウエスト切り替えワンピース型紙のダウンロード  
袴の作り方  
布団の切りかた  
チューリップハットの作りかた  
自作温室の設計  
JAVAでメール送信  
必要な肥料の量と種類  
綿繰り機の原理  
草花の育てかた  
画像を「拡大縮小回転反転文字の記入」して保存するクラス  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます