ともさんのHP >田舎生活 >草花の育てかた >ノウゼンカズラの栽培、手入れ、増やしかた

ノウゼンカズラの栽培、手入れ、増やしかた

ノウゼンカズラの栽培、増やし方、手入れの仕方についてまとめました。自分のおぼえがき用の文章です。

歴史

ノウゼンカズラは中国原産の落葉つる性高木です。日本へは延喜年間(900年ころ)に到来したとされています。
ノウゼンカズラは凌霄花と書きます。霄は空の意味で、空を凌ぐほど高く伸びる花という意味になります。
ノウゼンカズラは古くは「まかやき」とも呼ばれていました。「目が赫く」という意味で、真夏の日光に輝く花に目を奪われるということでしょうか。

広告

特性

日あたりと水はけのよい土地を好みます。丈夫で成長が速いため、育てやすいです。つる性のため、支柱や垣根に這わせる必要があります。
花はその年に伸びた枝の先につきます。花の色は濃い橙色。花径は6cmくらいラッパ状をしていて、先端が5つに分かれます。

利用方法

丈夫で成長が速いため、庭木や生け垣によく植えられています。公園にもよく植えられているほか、生け花、茶花としても好まれています。
古くは花を利尿薬として用いていました。

園芸品種

花の色が赤や黄色の園芸品種があるほか、花が小さいアメリカ産のアメリカノウゼンカズラもあります。

育てかた

秋、または春に苗を植え付けます。つる性のため、支柱も一緒に立てます。つるは6mほどまで伸びますが、支柱は少なくとも2〜3mくらい必要です。
水は根付くまでは必要ですが、そのあとはほとんどいりません。肥料は緩効性のものを早春に施します。
花は春に伸びた枝の先につきます。ですので冬、枝の動き出す前に剪定をしておきましょう。

入手方法

挿し木のポット苗が販売されているので、これを購入します。芽が痛んでいたり、根が乾燥している苗はやめましょう。

病害虫と病気

比較的病害虫が少なく、育てやすい木です。

花期

ノウゼンカズラの花期は7〜8月です。

増やし方

ノウゼンカズラは挿し木で増やすことが出来ます。3月に枝を40cmほどの長さに切って植えつけます。

最終更新日: 2013-08-16 10:22:41

ともさんのHP >田舎生活 >草花の育てかた >ノウゼンカズラの栽培、手入れ、増やしかた

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

須屋  
3Dシーンに2Dコントロールを表示  
井戸ポンプ  
ファイル選択ダイアログ  
UcanAccess導入覚書  
ともさんのHP  
タイムラプス撮影  
Raspberry Piを太陽電池に接続  
ラズパイ(Raspberry Pi)で電子工作  
茶室の平面図集  
ともさんの開発室  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます