ともさんのHP >田舎生活 >家庭菜園 >園芸資材に使う竹

園芸資材に使う竹の種類と寸法

家庭菜園の支柱や棚に使う竹材があると大変便利です。
私の家の庭の隅には竹林があり、細い竹はここで調達しています。太い竹は庭にはないので、 近くの墓地共同墓地の隅に生えているものをもらってきて使っています。

園芸資材に使う竹の種類と規格

我が家で使っている竹を利用した園芸資材は5種類自分用に規格を決めて使っています。順に説明しましょう。

柱材
夏野菜やエンドウ、ナタマメなどの蔓野菜を育てる棚を作るための柱です。
太い竹を切って先端を凹型にへこませてあります。
長さは2050mm。3,40cmほど地面に埋めて立てます。長さが中途半端ですが、これより低いと横に渡した棒が目の高さになって危険。
高いと作業しずらいのでこの長さに自然となりました。
一つの棚に3本ほど必要です。
一見して貧弱ですが、やっぱり台風など大風が吹くと傾いてしまいます。
傾いてしまったら、元に戻せば問題ありません。
竹を使った園芸棚 園芸支柱 園芸棚の構造

横桟材
これは柱材に載せて横に渡す竹材です。柱材の凹にはめ込むので、細くて長いものを使います。
このほか、寒冷紗の端において押さえるときにも使います。長さは決めていないけど、大体5mくらいあります。
寒冷紗トンネル押さえ

立てかけ材
棚の横桟に立てかけて紐で固定。蔓を這わせたり、ネットの張るために使います。
長さは大体2.4mほど。細い竹をそのまま使ったり、太い竹は割って利用します。横桟材と同様に寒冷紗やビニールトンネルを押さえるときにも使います。
竹を使った園芸支柱

広告

U型材
寒冷紗やビニールトンネルを支える割り竹です。U字型に曲げて使います。
きれいに曲がってくれると良いのですが、大抵不恰好に曲がるので閉口しています。
長さは1.4mほど。寒冷紗の幅は1.5mあるので、両端を地面に突き刺せばちょうどよい寸法に収まります。
以前お隣がリフォームした際に土壁から出てきた竹材をたくさんもらっていて、その中の長めの物を、現在この資材に使っています。
そろそろなくなりそうなので、新たに作らねばいけません。
寒冷紗トンネルの資材

ツルつかみ材
竹の枝をそのまま地面に刺すだけ。
エンドウを定植するときは一緒に挿しておくとつるが巻きついてしっかりとしがみついてくれます。
エンドウの保護支柱

最終更新日: 2012-11-01 21:45:14

ともさんのHP >田舎生活 >家庭菜園 >園芸資材に使う竹

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

須屋  
3Dシーンに2Dコントロールを表示  
井戸ポンプ  
ファイル選択ダイアログ  
UcanAccess導入覚書  
ともさんのHP  
タイムラプス撮影  
Raspberry Piを太陽電池に接続  
ラズパイ(Raspberry Pi)で電子工作  
茶室の平面図集  
ともさんの開発室  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます