ともさんのHP >ともさんのHP >ともさん日記 2 >太陽黒点の減少と地球寒冷化

太陽黒点の減少と地球寒冷化

最近の太陽活動の異変が気になります。過去にも太陽黒点が減少し、それに呼応して地球が寒冷化する現象が起きていました。
再び太陽黒点が減少し、太陽活動が低下すると、今後数十年間は地球が寒冷化してしまう恐れがあります。
日経サイエンスの2012年8月号に詳しく書いてありました。

太陽黒点観測の歴史と黒点周期

太陽に黒点があることを見つけたのはガリレオです。彼ははたくさんの黒点のスケッチを残し、また、その後の人たちによって、 黒点観測は現在まで続けられてきました。

広告

最近までは太陽黒点の出現周期はとても規則的で、11年周期で増減を繰り返しています。しかし、過去に遡ると、必ずしも規則的ではなく、 黒点数、周期ともに変動があります。
ガリレオが観測を始めた1600年代から見ると、1650〜1720年頃、1800〜1820年頃の2回、黒点が極端に少なく、周期が14年程度と長い時期があります。
これらはそれぞれ、マウンダー極小期、ダルトン極小期と呼ばれており、いずれも地球寒冷化が伴っていました。

黒点数と太陽エネルギーの関係

黒点が減る→地球寒冷化ということは、太陽から放射されるエネルギーが、黒点減少とともに減るのかと思われますが、 実際には黒点が減少しても減少する放射量は、わずかに0.1%程度なのだそうです。
たった0.1%程度の減少では、地球の寒冷化は説明できません。では何が原因なのでしょうか。

太陽磁場と宇宙線量の関係

地球の寒冷化は宇宙線の増加が原因ではないかと、現在は考えられているそうです。
太陽黒点は太陽の磁場により発生します。つまり、黒点が少なくなる=太陽の磁場が弱まるということ。
太陽の磁場が弱くなると、今まで太陽系内に入れなかった宇宙線がたくさん入ってくるようになり、 地球へもたくさん降り注ぐようになります。
宇宙線が上空の大気と作用して雲を増やし、雲で太陽光が反射して地球が寒冷化する。とのことですが、 宇宙線と大気の関係はまだよく解っていないようです。

まとめて書くと、
 @太陽の磁場が減少する(黒点が減少する)
 A宇宙線が地球にたくさん降り注ぐ
 B雲が増える
 C雲が太陽光を反射して地球が冷える

地球に降り注ぐ宇宙線量が増えると大気中の放射性炭素が増えるため、 木の年輪を調べることで過去の宇宙線量を調べることが出来るそうです。 宇宙線量から逆に過去の太陽活動も調べることが出来ます。

それによると、望遠鏡発明以前にも太陽黒点の減少(宇宙線の増加)があり、100〜300年毎にこうした減少がみられるとのこと。
現在は前回の減少から200年ほど経過しているので、これから太陽活動の低下が始まっても、別に不思議ではなさそうです。

地球寒冷化の兆し

過去の太陽活動の記録を調べると、11年周期の黒点増減が長くなり、14年くらいになってから、長い黒点減少期間が始まるのだそうです。

広告

現在も、太陽黒点の減少とともに周期の長期化がみられるとのことです。

気候が寒冷化したら

前回の寒冷化は江戸時代で、その頃日本では飢饉が発生しました。
しかし、これから寒冷化が起きても、深刻な事態にはならないでしょう。昔と比べて、 気象予報も発達しているし、実際、寒冷化の予測がすでになされています。
これから太陽活動が停滞して、地球の寒冷化が始まったら、私の人生の後半はこうした寒冷化の中で過ごすことになります。 滅多に体験できないことなので、この現象を観察しいてゆきたいと思っています。

最終更新日: 2012-09-07 05:41:58

ともさんのHP >ともさんのHP >ともさん日記 2 >太陽黒点の減少と地球寒冷化

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

アロハシャツ(開襟シャツ)の型紙  
アロハシャツの作りかた  
ヌートリア  
蜂舎の屋根張り  
机上棚とプリンタ棚の自作  
アメリカンホック  
炊飯器棚の作り方  
普通のシャツをスタンドカラーにリメイク  
植物タイムラプス撮影  
ツツジの栽培  
養蜂用燻煙器の使い方  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます