ともさんのHP >田舎生活 >草花の育てかた >ユリの栽培、手入れ、増やしかた

ユリの栽培、手入れ、増やしかた

ユリの栽培、増やし方、手入れの仕方についてまとめました。自分のおぼえがき用の文章です。
園芸品のユリは、主にオリエンタルハイブリッド系とアジアティックハイブリッド系とに別れます。オリエンタルハイブリッドは日本のユリを交配したもの、アジアティックハイブリッドは日本と中国のユリを交配した品種です。
ユリは古くから鑑賞されてきましたが、原種のままでも鑑賞価値が高く、品種改良の歴史は比較的浅いほうです。日本のユリがヨーロッパへ渡ってから、これらを交配して品種改良が始まったのです。

ユリの入手方法

ユリは秋に球根が出回ります。品種にもよりますが、白いカサブランカなどオリエンタルハイブリッド系の人気の品種は1球500円くらいで購入できます。
オレンジや黄色の多いアジアティックハイブリッド系は病気に強く、育てやすいため、オリエンタルハイブリッド系の1/3から1/10くらいの価格で購入できます。
球根は乾燥を嫌うので、購入したらすぐに植えましょう。

ユリの管理

オリエンタルハイブリッド系は午後に日陰になるくらいの場所、アジアティックハイブリッド系は日当たりの良い場所を選んで植えます。ユリは深く植えるのがコツです。地表まで球根2つ分の深さに球根を埋めます。ユリは球根の上からも根が出る性質があるためです。
ユリは乾燥を嫌うので、夏は地表面に地表面に藁を敷くなどして、乾燥を防ぎます。
庭植えでは、ユリは2,3年植えっぱなしでも大丈夫ですが、鉢植えは毎年植え替えをしましょう。掘り出した球根は、古い茎と根を切って、新しい土へ早めに植え替えます。
ユリの花期は5月から8月くらいです。

広告

ユリの病害虫

アブラムシがつきます。ユリはウイルス病にかかりやすいのですが、アブラムシがウイルスを媒介します。ウイルス病にかかった株はすぐに抜き取って処分します。

最終更新日: 2012-05-01 04:52:13

ともさんのHP >田舎生活 >草花の育てかた >ユリの栽培、手入れ、増やしかた

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

SwingイベントでFXデータを扱う  
SwingアプリにFXを追加  
2DSceneと3DSceneを同時に表示  
Raspberry Piを太陽電池に接続  
100年前の日本ミツバチ巣箱を蘇らせたい  
半地下式温室で最低気温の降下を抑える実験  
各種Pane  
好光性と嫌光性の種子  
JavaFX基本コード  
JavaFX  
リナリア(姫金魚草)の育てかた  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます