ともさんのHP >田舎生活 >草花の育てかた >ハスの栽培、手入れ、増やしかた

ハスの栽培、手入れ、増やしかた

ハスの栽培、増やし方、手入れの仕方についてまとめました。自分のおぼえがき用の文章です。
ハスは日本や東南アジア、北アメリカに自生しています。日本の蓮はもともと自生していたのか、人が運んできたのか、定かではありません。江戸時代には既に100種類以上の園芸品種があったとされます。北アメリカに自生しているグループは、キバナハスと呼ばれるもので、その名のとおり黄色い花を咲かせます。
ハス仏教の花として東南アジア、日本で尊ばれています。我が家でもハスを栽培しています。花の時期がお盆よりもほんの少し早く、仏壇に捧げられないのが少し残念です。

ハスの入手方法

ハスは3〜4月頃にレンコンが販売されます。花を愛でる園芸品種は、食用のレンコンよりかなり小さいです。7月頃になると、ツボミの付いた水鉢植えが販売されます。
購入した苗は、すぐに水に漬つけて乾燥しないように注意します。

ハスの管理

ハスは池か、直径50cmくらいの大きめの水鉢に植えて育てます。土は田んぼの土がよく、鉢の半分くらいいれます。鉢には常に水をはっておきます。日光のよくあたる場所で育てましょう。
肥料は控えめにして育てます。やりすぎると葉ばかり茂って花が少なくなります。
冬になると葉が枯れますが、水中でレンコンが生きているので、そのまま水を張って冬越しします。

広告

ハスの病害虫

アブラムシがつくことがありますが、強い植物なのであまり木にしなくても大丈夫です。
ハスの花期は7下旬〜8月上旬頃です。

ハスの増やし方

ハスはレンコンを分けて増やします。繁殖力が強く、1年で水鉢一杯に育つので、毎年株分けしましょう。株分けしないと花が減ってしまいます。

最終更新日: 2012-04-27 20:27:12

ともさんのHP >田舎生活 >草花の育てかた >ハスの栽培、手入れ、増やしかた

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

初めての炭焼き  
家庭菜園のソバ  
合コン  
セミの飼いかた  
デジタル顕微カメラ  
美霊の泳ぐプール  
ジンジャーの栽培、手入れ、増やしかた  
日本酒合同のしかた  
薪ストーブの薪をもらいに出かける  
公園の神様  
渋柿で柿渋作り  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます