ともさんのHP >田舎生活 >草花の育てかた >牡丹の栽培、手入れ、増やしかた

牡丹の栽培、手入れ、増やしかた

牡丹の栽培、増やし方、手入れの仕方についてまとめました。自分のおぼえがき用の文章です。
牡丹は当初、中国で根を薬用として用いられていたものですが、観賞用の品種が出来てから、愛でられるようになりました。日本へは空海が薬用に持ち込んだと言われます。

牡丹の入手方法

牡丹は接木苗を購入します。1年苗と2年苗がありますが、2年苗の方が育てやすいので。初心者にお薦めです。植え付けにもっとも適した季節は秋です。

牡丹の管理

庭に植える場合は1m間隔くらいで植えつけます。夏涼しく排水と日当たり、風通しの良い場所を選びます。植えたら、継ぎ口より10cm程度盛り土をします。地面から10cm程度盛り上がるようにしておきます。
牡丹を鉢植えにする場合は、7号以上の鉢に植え、乾燥しないように注意します。
牡丹の花の時期は4月から5月くらいです。

広告

牡丹の病害虫

カビ等を予防するため、3月から9月くらいまで定期的に薬剤を散布します。ミノムシ、カミキリムシが付くので注意します。

牡丹の剪定

冬に行います。古い枝を切って若い枝を残すこと、込み入った枝も落とします。また、花の終わった後、花とともに切り戻し剪定を行います。

牡丹の増やし方

牡丹種を蒔いて増やす、接木、株分けで増やすことが出来ます。購入した牡丹は接木なので、これを株分けすると、台木が育ってしまいますので注意が必要です。

最終更新日: 2012-03-28 06:33:32

ともさんのHP >田舎生活 >草花の育てかた >牡丹の栽培、手入れ、増やしかた

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

初めての確定申告  
日本ミツバチの待ち箱を作りました  
竹収納棚  
JavaFX Alertダイアログを最前面  
薪ストーブの掃除  
ウエストポーチを作りました  
USBカメラをJAVAで制御  
男の洋裁  
トマト抑制栽培  
JavaFX StageStyle  
ニホンミツバチ用観察巣箱の図面  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます