ともさんのHP >男の洋裁 >男の洋裁・デザイン >シャツの縫いあがるまで

シャツの縫いあがるまで

新しいデザインのシャツを作ることにしました。型紙から裁断、縫いあがるまでを写真に撮っておきました。 自分用(男性用)のシャツです。

シャツのデザイン

普通はシャツは前の部分をボタンで留めるので、裾の部分は前から見ると分かれています。
今回は分かれていないシャツを作ってみようと思い、製作を始めました。
前身ごろの裾が繋がるので、シャツを着るのが難しくなります。そこで背中にチャックをいれることにしました。
襟の部分、前身頃の上側はボタン楽天 で留めます。
いきなり完成写真ですが、こんな感じ。
自作シャツの完成写真前 自作シャツの完成写真後


シャツの型紙と裁断

用意した布のサイズはは1m×3m手芸店ではよく2mカット品が売られていますが、男性サイズを作るにはちょっと足りません。 いつも3m購入し、残ったら帽子を作ることにしています。
使う型紙楽天 は自作のものです。洋裁教室で製図のしかたを習ったのですが、「男性用は作ったことがない」と言われ、仕方なく女性用を 教えてもらい、これを自分用にアレンジして作っています。
まずは後身頃を裁断。後身頃は普通左右一枚布で切りますが、今回はチャックをつけるので、縫い代をつけて左右別に裁断しました。
後身頃の裁断


つづいて前身頃。前身頃は上下分けて作ります。先に上の部分だけ裁断しました。
前身頃上部


肩の補強も裁断。
これらは裁断後に端ミシンをかけておきます。
肩補強


襟(スタンドカラー)を作る

襟を作ります。私の作る襟は今のところ全てスタンドカラーです。今回もスタンドカラーで作ります。 何故って?今のところこれしか作れないから。
型紙は円弧で単純な形状にしています。これでも普通の仕上がりになります。
布地はあらかじめ接着芯を貼り、 接着芯 楽天 側を表にして2つ折りにした状態にしてあります。
スタンドカラーの型紙

これに型紙をあて、鉛筆で線を引き、ミシンで縫います。
スタンドカラーの縫い方

縫い終えたら鋏で余分な布を切り、裏返します。
スタンドカラーの製作 スタンドカラーのミシンかけ


前後身頃の連結

前身頃と後身頃を連結します。写真では奥が後身頃
前後身頃


背中にファスナーをつける

左右の後身頃にファスナーを付け、つなげます。
まずはファスナーをつける部分に接着芯を貼ります。
接着芯を貼った背中 接着芯を貼った背中

ファスナーの付かない部分をミシンで縫ってから、アイロンで割ります。
背中

接着芯を貼った部分にファスナーをミシンで縫い付けます。
ファスナーをつけた背中 ファスナーをつけた背中


襟の取り付け

襟周りにミシンかけラインを引きます。
襟まわり

曲線部分はハサミで切り込みを入れておきます。 一緒に縫い付ける肩補強にも同様に切り込みを入れます。
襟切れ込み 肩補強

まずはクリップで襟を仮留めして、位置が合っていることを確認します。
襟の仮止め

よければ仕付け糸で仮縫いし、その上をミシンで本縫いします。
仕付け糸で仮縫いした襟 ミシンかけした襟

これで少し服らしくなりました。
スタンドカラーをつけた服


見返し部をつくる

胸のボタンをつける部分を作ります。
前身頃の少し伸ばして裁断してある部分に接着芯を貼り付けます(左右)。
見返しの作りかた

アイロンをかけて、接着芯を張った部分を折り込みます。
一緒に先ほどつけた襟もアイロンをかけて仕付け糸で縫います。
見返し 見返し

見返しの下端から襟を通って反対側の見返し下端まで、一気にミシンをかけて折り目をつけます。 これでさらに服らしくなりました。
端ミシン 端ミシン後


袖作り

私のばあい、簡単に出来るように、袖の型紙は前後左右対称で作ります。
なので、二枚の布を二つ折りにして重ね、その上に型紙を載せて線を引き、カットすれば袖が切り出せます。
袖の型紙 切り取った袖

切り取った袖は端ミシンをかけておきます。
袖に端ミシン

袖と身頃を肩の部分で合わせ、クリップで仮止めしてから、仕付け糸で仮縫い。 その後ミシンで本縫いします。
仮止めした袖 仮縫いした袖

これで袖がつきました。
袖の付いた服


前身頃下半分の取り付け

前身頃のお腹の部分がまだありませんので作ります。
服の出来具合を測り、出来上がり寸法にしたがって、身頃を切ります。
服の仕上がり状況を計測 前身頃の裁断

前身頃の縫いつけは直線なので、クリップで留めた上に直接ミシンがけします。
前身頃仮固定 前身頃の付いた服


ダーツの作成

身頃がそろったのでダーツを作ります。

広告

線で印をつけ、ミシンで縫います。前後左右4箇所つけて脇を締めました。
ダーツ印 ダーツ縫い付け


脇の縫いつけ

袖から脇の下を通って裾まで、クリップで仮止めしてからミシンで縫います。
袖から縫い始めて、誤差を裾に集めるように縫います。
脇の縫いつけ

さて、これで着れるようになりました。試着してみて、サイズを確認します。
今回は何度も使った型紙を利用しているので、特に問題はありませんでした。


袖口と裾の仕上げ

裾と袖は、接着芯を貼ったテープ状の布を作り、袖と裾につけて仕上げました。
袖口と裾の仕上げ


ボタンホールとボタン付け

最後はボタンホールとボタンの取り付けです。
ボタンの取り付け

ボタンホール楽天 はミシンのボタンホール機能を使って作ります。
穴あけは慎重に行います。ここで失敗したら、今までの苦労が水の泡になってしまいます。
待ち針は切りすぎないためのストッパーとして刺してあります。
ミシンでボタンホール ボタンホール穴あけ

ボタンをつけたら、これで完成!
ボタンを縫い付けたシャツ


自作シャツの完成

仕上がったシャツ。作るのに10時間くらいかかりました。

広告

今度作るジャケットに合わせようと思っています。
ジャケットのフロントカットから、このシャツの繋がっている裾が見えるようにするデザインを狙っています。
完成した自作シャツ

最終更新日: 2012-02-14 18:23:21

ともさんのHP >男の洋裁 >男の洋裁・デザイン >シャツの縫いあがるまで

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

ブルーベリーの挿し木  
シンプルなパネルラインワンピースの型紙と作りかた  
和風コートの作り方  
ホオノキ  
雑草でグリーンカーテン  
エケベリア植え替え  
E型肝炎体験記  
フラワースタンドの自作  
ウエスト切り替えワンピースの作りかた  
メーラーの引っ越し  
RaspberryPi用Javaサンプルプログラム  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます