ともさんのHP >ものつくり >小屋作り >ツーバイフォーで蜂小屋をDIYしました

ツーバイフォーで蜂小屋をDIYしました

ツーバイフォー(2×4)工法でミツバチを飼うための小屋を自作しましたので、 設計方法と作る手順を書いてみました。

ツーバイフォー(2×4)小屋の設計

まずは設計楽天 。設計は十分に考えて何度も作りなおしました。

設計の要点

○隙間のない小屋楽天 を建てる。
西洋ミツバチを飼っていて、オオスズメバチに悩まされてきました。
ミツバチも襲うし、近づいた人間も襲ってきます。そこで、ミツバチの巣箱を 小屋の中で飼うことにし、小屋の中で蜂の世話をできるようにしました。
これならば人間がスズメバチに襲われることはありません。
巣箱楽天 の出入り口は電気柵を張ってスズメバチを追い払います。
このためには、小屋にスズメバチが入れないような、隙間のない小屋を建てる必要があります。
そこで、ツーバーフォー工法で建てることにしました。 ツーバイフォー楽天 なら、構造体が壁なので、隙間ができません。
○残材の少ない、作りやすい形状にする。
安く作るために、なるべく残材の出ない形にしました。
主要な材料を90×30×4000mmの角材とし、なるべくその材から残材を出さない形状にしました。
南の壁は高さ2100、北側の壁は1900で、ちょうど1本の材から2本取れます。
屋根材は片屋根楽天 、長さは3640mmです。
小さな小屋とはいえ、たくさんの木材を使います。今回はほとんど残材を出さずに作ることが出来ました。

広告

ツーバイフォー自作小屋 ツーバイフォー自作小屋

○基礎はコンクリートブロックを使う
基礎はある意味一番重要な部分だと思いますが、畑に建てるので、現状復帰が簡単にできるようにするため、 コンクリートブロックを基礎として使います。
時間経過とともに基礎がゆがんでくると思いますが、仕方ありません。

自作小屋の建築費用

3坪、9.9平方mの小屋ですが、14万円でできました。かなり安くできたと思います。
人の住む部屋ではないので、内装や窓ガラスがありませんが、それでも割安にできたと思います。
やはり、残材の少ない設計にしたことが効いていると思います。
アルミサッシの窓を入れたり、内装を作るとしたら、もう10万円くらい必要になるかもしれません。

小屋作りに使った道具と工具

主に丸ノコ、インパクトドライバを使いました。電動工具はこれだけ。組み立てはほとんどコーススレッドを使ったので、 単純作業でできました。これはツーバイフォー工法の強みだと思います。

ツーバイフォー(2×4)小屋の建築

設計が煮詰まって、十分に自信を持てるようになったら建て始めます。ゴールデンウィークの建設を考えて 準備を始めました。
ちなみに、立てる時間より、図面を書いている時間のほうが多かったです。言葉を変えると、設計を十分にしたので工作がスムーズに進行しました。

基礎作り

本来なら、コンクリートを打ち込みたいところですが、畑の中に建てるので取り壊しも楽なよう、ブロック を基礎にしました。
ツーバイフォー自作基礎

ゴールデンウィーク前に基礎ブロックを置き、位置と水平を出しておきました。
ゴールデンウィーク突入後、いよいよ建設開始です。
ツーバイフォー自作床貼り

床を定盤にした壁建築

床ができたら、その床を定盤にして4枚の壁を作ってゆきます。 これはツーバイフォー工法の定石ですね。
普通の家であれば、壁を作って立て、作って立て... の繰り返しですが、小屋なので最初に4枚の壁を全て作ります。
壁の上に壁を重ねて...という状態になりました。
ツーバイフォー自作床貼り ツーバイフォー自作壁作り

壁作りでゴールデンウィークを終えました。現場は岡の上にあるので電気は使えません。岡の下の 庭で材料をカットして運び上げ、充電池式のインパクトドライバで組みあげました。
カット、運搬、組立の繰り返しでしたが、運搬が一番しんどかったです。
ここまでは一人で作業しました。

壁の立ち上げと屋根構造作り

翌週の朝、人を6人ほど頼んで、壁を立ち上げました。最初の2枚の壁を立てるのに、たくさんの人が 必要です。二枚の壁を保持するのに5人、一人がインパクトドライバを持って固定しました。
3枚目、4枚目は3人ほどいれば大丈夫です。壁を立てた後、その日のうちに屋根構造も作りました。
これは雨にぬれないようにするためです。
ツーバイフォー自作壁立て ツーバイフォー自作屋根材 ツーバイフォー養生

屋根材はあらかじめ加工してあるので、所定の位置に置き、コーススレッドで止めるだけでできました。 その上から構造用合板を敷き詰めて固定すれば、とりあえず雨をしのげます。

屋根の仕上げ

構造用合板の上にアスファルトルーフィングを貼り、その上に亜鉛めっきの波板を葺いて屋根の完成です。
この作業はのんびりしていたので、完成翌日には入梅していました。 とりあえず、入梅には間に合ってよかったです。
ツーバイフォー自作屋根貼り ツーバイフォー自作屋根貼り


壁の仕上げ

屋根の完成後、壁を仕上げました。そのままでは構造用合板むき出しなので、杉板を貼りました。

ツーバイフォー工法自作小屋の完成写真

完成した小屋の全景です。壁についているのは太陽電池。養蜂が目的なので、大きな窓は付いていません。 壁のへこみはミツバチの出入り口です。
ツーバイフォー工法自作小屋の完成1

東側の壁には出入り口の扉。
ツーバイフォー工法自作小屋の完成2

西側の壁のには明り取りの窓があります。
ツーバイフォー工法自作小屋の完成3

南側は蜂の出入り口
ツーバイフォー工法自作小屋の完成4

北のの壁はなんにもありません。
ツーバイフォー工法自作小屋の完成5


広告

ツーバイフォー工法自作小屋の完成6 ツーバイフォー工法自作小屋の完成7 ツーバイフォー工法自作小屋の完成8 ツーバイフォー工法自作小屋の完成9

最終更新日: 2012-08-19 06:30:22

ともさんのHP >ものつくり >小屋作り >ツーバイフォーで蜂小屋をDIYしました

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

洋裁CAD使いかた動画  
ウエスト切り替えワンピース型紙のダウンロード  
袴の作り方  
布団の切りかた  
チューリップハットの作りかた  
自作温室の設計  
JAVAでメール送信  
必要な肥料の量と種類  
綿繰り機の原理  
草花の育てかた  
画像を「拡大縮小回転反転文字の記入」して保存するクラス  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます