ともさんのHP >田舎生活 >薪ストーブ >薪ストーブの掃除

薪ストーブの掃除

十分に暖かくなったので、もうストーブも使わないだろう、ってことで、 掃除することにしました。といっても今日は灰を取り除くだけです。
灰をそのままにしておくと、ストーブの鋳鉄が腐食するのだそうです。 なので、シーズンオフには取り除いておく必要があるそうです。
煙突掃除もする必要があるのですが、これは後日、星の薪工房さんが来て掃除してくれる ことになっています。こちらでストーブを購入したので、最初の煙突掃除は実演もかねて サービスしてもらえることになってます。
あんまり取り除いていなかったので、灰がものすごく溜まっていました。
まずは本体の中を取り除き、次に灰受けを取り出し、さらにこぼれた灰を棒で掻き出します。
掃除中の薪ストーブ 薪ストーブの灰受け

広告

取り出した灰は、妻が風呂灰に使いたいと言うので、作ってみることにしました。とりあえずは 水を入れ、この後何回か上澄みを捨てる作業をします。
灰に水を入れる 灰を沈殿させる作業

我が家ではストーブ以外にも五右衛門風呂からも灰が出るのですが、楽天 ストーブで出来た灰のほうが 断然質の良い灰になります。多分、 薪ストーブ 楽天 のほうが完全燃焼しやすくできているのでしょう。
灰は肥料として畑に蒔いたり、野草の灰汁抜きなどに使っています。

最終更新日: 2011-05-10 21:02:04

ともさんのHP >田舎生活 >薪ストーブ >薪ストーブの掃除

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

好光性と嫌光性の種子  
JavaFX基本コード  
JavaFX  
リナリア(姫金魚草)の育てかた  
シイタケ原木栽培のしかた  
アロハシャツ(開襟シャツ)の型紙  
アロハシャツの作りかた  
ヌートリア  
蜂舎の屋根張り  
机上棚とプリンタ棚の自作  
アメリカンホック  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます