ともさんのHP >田舎生活 >家庭菜園 >竹の管理

竹の管理

我が家の裏には小さな竹やぶがあって、時々切り出し、園芸資材として重宝に使っています。
しかし、竹は厄介者。管理を怠ると根が広がってゆき、そこらじゅう竹やぶ化してしまいます。

竹の枯らし方、駆除の方法

現代農業という雑誌に紹介されていた方法です。
「竹を根元から切らずに1mくらいの高さから切る」こうすると、根まで枯れます。
枯らした竹

広告

写真奥の竹は枯れました。しかし、手前の竹は枯れていませんね。
よく見てみると、葉っぱの付いている部分から下は枯れていないのでした。
葉があれば養分が行き来して枯れないわけですね。さっそく葉をむしりとっておきました。これで枯れるでしょう。途中で切るだけでなく、葉も取るか、葉の出ている節の下で切ればうまくいくことがわかりました。
枯れていない竹


竹の根まで枯らす

このように切った竹を放置しておくと、下の写真のようになります。力を加えなくても、枯れた竹は根元から抜けてしまいます。
もし、この竹を根元から切っていたら...根の部分は枯れないので、歩いていると足を取られてしまい、危険です。
また、新たな竹が、根から生えてくる可能性もあります。竹は根まで枯らしておくに越したことはないです。
根まで枯れた竹 抜いて捨てた竹


竹の保存方法

竹はたくさん取れるのでなにも考えず、そのまま利用していましたが、最近は切った後、 灰を塗っておくことにしています。
灰を塗った竹

そのままだと、竹の内部の水分が外へ出ず、腐ったり虫が入りやすくなります。
灰のアルカリ成分で竹表面の油を取り除くと内部の水分が外に出るようになり、乾燥して長持ちします。
方法は、灰に水を混ぜて泥状にし、ゴム手袋ですくい取って、竹にこすりつける。ふき取りは面倒なのでそのまま保管。
適当な方法ですが、かなり効果があります。油抜きはバーナーであぶって布でふき取ったり、煮たりする方法もあります。


広告

竹の伐採時期

本やネットで調べてみると、秋口から冬の間(年を越す前)って書いてある場合があります。
私の場合は、冬に採っています。
なぜかというと...周りの木の葉が落ちて採りやすいからと安全性の面からです。
暖かい間はマムシが出るし、オオスズメバチも出ます。暖かい間にはあまり竹やぶに近づかない方が得策です。

竹藪ではオオスズメバチの巣に注意

秋はオオスズメバチの活動シーズンなので、竹やぶにはあまり近づかないことが賢明です。 オオスズメバチは、好んで竹やぶの地中に巣を作ります。竹の根が地中を這っているので、巣を作りやすいのかもしれませんね。竹やぶを歩いていて、オオスズメバチがカチカチという音を立てながら 近づいてきたら...これは警告なので静かに逃げましょう。
警告の後は集団で襲いかかってきます。用がないであれば、竹やぶには近づかないことです。

最終更新日: 2016-10-13 05:15:57

ともさんのHP >田舎生活 >家庭菜園 >竹の管理

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

ウエスト切り替えワンピースの作りかた  
気象観測装置を作りました  
五右衛門風呂の修復  
子ウインドウを開く  
キキョウの栽培、手入れ、増やしかた  
ツリービューにポップアップメニューを追加  
JavaFXでPopupMenu  
竹を曲げる方法  
井戸保護カバーの自作  
ルピナスの栽培、手入れ、増やしかた  
アメリカンホック  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます