ともさんのHP >田舎生活 >薪ストーブ >稲はぜを燃料にする

稲はぜを燃料にする

先日家に設置した薪ストーブ、当面の燃料には稲はぜを使います。
はぜとは、収穫した稲を田んぼでしばらく干すためにかけておくもので、コンバインの普及した今ではほとんど見かけません。
1.5mくらいの木三本を束ねて、3脚のようにして立て、上に長い棒を置いて、その上に収穫した稲を掛け、乾燥させます。
たんぼで使うはぜ 田んぼで使うはぜ

我が家にはもう田んぼはないのですが、はぜだけは残っていて、牛小屋の中を占領しています。
はぜを持っていても使わないし、放置しておいたら白蟻に入られそうで怖いです。しかも牛小屋楽天 のほとんどがはぜで占められていて、 全く有効に使えない状態。
牛小屋のはぜ

はぜは単に捨てるのではなくて、燃料として最後のお役目を果たしてもらうことにしました。 はぜを処分して空いたスペースは、後で私の工作室になる予定。
カットしたはぜ


週末の間ずーっと燃やし続けましたが、はぜはほんの少ししか減りませんでした。まだしばらく燃やせそうです。
ちなみに、はぜは主に松の木を材料に作られています。
昔は自分の家で作るだけでは足りず、売っているはぜを購入することも多かったのだと、通りがかりのおじいさんが教えてくれました。

最終更新日: 2010-12-08 07:04:32

ともさんのHP >田舎生活 >薪ストーブ >稲はぜを燃料にする

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

マムシに咬まれない対策  
自動水やり器の自作  
ボタンやラベルの修飾方法  
ツールチップの表示  
アイコンの差し替え  
日本ミツバチ用重箱式巣箱の各部名称と機能  
柿の消毒  
IMEの自動設定  
みつばち日記  
初心者用巣箱その1  
アプリ終了時にダイアログを表示  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます