ともさんのHP >趣味養蜂 >電気柵 >オオスズメバチ対策用電気柵の設置

オオスズメバチ対策用電気柵の設置

今年もミツバチの巣門前にオオスズメバチがうろつき始めたので、電気柵の電源を入れました。
去年はうっかり電線が外れてしまい、あっという間にミツバチを全滅させてしまったのですが、 今年は外れないようにしっかり固定しました。
電気柵


電気柵楽天 に雑草が絡みついていたので、これもきれいにとっておきました。
電気柵に絡みついた雑草


念のため、粘着シートも併用です。
でも、粘着シートはスズメバチを殺してしまうので、嫌なんですけどね。とりあえず、偵察に来ていた スズメバチを貼り付けておきました。
スズメバチ用粘着シート


さあてこれで一安心、と思いきや...
夕方見に行ってみると、スズメバチがいないのに巣門前が大騒ぎ!
電気柵に感電したミツバチが大騒ぎしているのでした。
電気柵とミツバチ


今まではこんなことなかったのですが、今年の群は強群なので、夕方暑くで巣から出てきたミツバチが 多いため、押し出されて感電してしまうようです。


で、とりあえずは電気柵を巣門から少し遠ざけて対処することにしました。
電気柵感電対策


対策作業は、興奮したミツバチと偵察に来たスズメバチと猛暑と分厚い防護服の中の作業で、 倒れるかと思いました。
電気柵もだいぶ老朽化してきたので、冬には付け替えようかなと考えています。

最終更新日: 2010-08-15 00:00:00

ともさんのHP >趣味養蜂 >電気柵 >オオスズメバチ対策用電気柵の設置

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

fxmlファイルの利用  
雑草でグリーンカーテン  
ウエスト切り替えワンピースの作りかた  
気象観測装置を作りました  
五右衛門風呂の修復  
子ウインドウを開く  
キキョウの栽培、手入れ、増やしかた  
ツリービューにポップアップメニューを追加  
JavaFXでPopupMenu  
竹を曲げる方法  
井戸保護カバーの自作  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます