ともさんのHP >趣味養蜂 >みつばちの飼い方 >ミツバチの人工分蜂のしかたにかんする考察

ミツバチの人工分蜂のしかたにかんする考察

三つに分けた巣箱のうち、三つ目の女王がいなくて困っていましたが...今日内検したら王台がたくさん出来ていました。とりあえずは大丈夫そうってことでもう少し様子を見ます。
今回の件で、人工分蜂を効率的にする方法を考えてみました。

広告

飼育しているミツバチは放置しておくと勝手に分蜂してしまいます。 周りに迷惑をかけかねませんし、蜂が減るのでハチミツの収量が減ってしまったりします。 きちんと管理して計画的にミツバチを増やすには人工分蜂が必要になります。


従来のミツバチの人工分蜂

今までの人工分蜂はこんな感じで、
西洋ミツバチ人工分蜂模式図


王台の出来た一つの巣箱楽天 を王台付き、女王付き、の2箱に分けていました。
しかしこの方法だと、女王の育成に何らかの理由で失敗した場合に1つは無王群となってしまい、 元の群に再合同するか、王台付き巣板を再挿入する必要に迫られます。いずれにせよ、 この作業には時間がかかるので、失敗している間に群が弱ってしまいます。


女王育成巣箱を用いてミツバチの群を増やす

女王育成だけを目的とする小さな群をいくつか作っておき、そこへ働き蜂を合同させる ようにすれば、失敗したときの打撃が少なく、女王の交代や、事故等で女王のいなくなった群への 女王の移入もスムーズに出来ます。


西洋ミツバチ人工分蜂模式図


洋書の蜂舎の写真を見て思いついた、というか、 多分あちらではこういう方法で増やしているのではないかと思います。
西洋ミツバチ蜂舎写真
「Beekeeping: A Practical Guide for the Novice Beekeeper Buying Bees, Management, Rearing, Honey Production/Special Section : The Beekeeper's Yearly W (Complete Pet Owner's Manual)」より抜粋


広告

で、さっそく巣箱を設計しました。1×6材だけを使って巣板4枚ほど入れられる箱をいくつか作ってみます。
出来れば今年のうちに実行したいです。
西洋ミツバチ女王育成用巣箱の図面

最終更新日: 2014-05-20 05:10:41

ともさんのHP >趣味養蜂 >みつばちの飼い方 >ミツバチの人工分蜂のしかたにかんする考察

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

fxmlファイルの利用  
雑草でグリーンカーテン  
ウエスト切り替えワンピースの作りかた  
気象観測装置を作りました  
五右衛門風呂の修復  
子ウインドウを開く  
キキョウの栽培、手入れ、増やしかた  
ツリービューにポップアップメニューを追加  
JavaFXでPopupMenu  
竹を曲げる方法  
井戸保護カバーの自作  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます