ともさんのHP >趣味養蜂 >吉田式巣箱 >「吉田式巣箱」の製作:巣枠編その2

「吉田式巣箱」の製作:巣枠編その2

以前設計した100年前の日本ミツバチの巣枠式巣箱「吉田式巣箱楽天 」を作ります。今回は巣枠編その2です。
(「吉田式巣箱」は国会図書館で見つけた100年前の本に載っていた巣箱です。この本を元に図面を起こし、当時の巣箱を再現しています)
上桟は前回(こちら)を作ったので、今回はその他の部分を作ります。

日本ミツバチの巣枠式巣箱、巣枠の図面

吉田式日本ミツバチ巣枠


広告

吉田式日本ミツバチ巣枠式巣箱の図面(巣枠)



巣枠の製作作業

まずは材料を準備。杉板、厚み6分(12mm)、幅6寸(180mm)、長さ1間強(2m)1枚です。
規格材なので10枚2000円くらいで売っています。 リフォーム用にたくさん買ったおいたものから節の少ない物を選びました。
日本ミツバチ巣箱の材料


それではさっそくカット。今回は丸ノコと直角定規を使って切りました。ちょっと精度が出ず、 2mmくらい誤差が出てしまいました。
300mm×4枚、237mm×2枚をカット。
木材の直角カット 切り出した木材


テーブルソーを使い、幅24mmにカット...待てよ、上桟は33mmに対し30mmを使ってしまったから、 24mmでは隙間がなくなってしまう。ってことで急遽寸法変更。21mm幅で切ることにしました。


今回はカット幅が狭いので、こんな風に切りました。
木材の右端を右手で支え、左で冶具を持ち、押さえながらゆっくり前に押し出します。
作業は単純で、作業はすぐに終わりました。
木材の縦切り 縦に細く切った木材


釘を打つ前にした穴を明けておきます。下穴が無いと、材が割れてしまったり、打ち損じてしまう場合があるので、 時間をかけても明けておきましょう。ドリル歯は釘より若干小さい径にしました。上桟に打ち込む側の下穴は、斜めに 明けました。
下穴明けドリル歯 下穴を明けた材料 斜めに明けた下穴


釘を打って組み立てます。釘は32mmを使ってみましたが、大きすぎる感じがしたので25mmに変えました。
巣枠


巣枠の完成

これで大体出来ました。巣箱に入れたときに巣枠の下端どうしの隙間を確保するため、 厚さ6mmの板を付けます。あれ?図面楽天 では9mmになってる。しまった読み違えてしまった!
でも出来てしまったので良しとしましょう
巣箱に入れた巣枠


先ほどの残材をカットして厚み6mmの板を切り出します。
細工用の歯の小さいノコギリで裁断、15mmの釘を使って止めました。


広告

これで巣枠完成!今回はスムーズに作業できました(一部寸法間違えたけど)。
作業時間は準備、後片付けを含め、2時間ほどでした。工作室があるともうちょっと早くできるのかな。


前の作業はこちらこちら
次回は架台と屋根の製作をします。お楽しみに。

最終更新日: 2016-11-02 08:22:44

ともさんのHP >趣味養蜂 >吉田式巣箱 >「吉田式巣箱」の製作:巣枠編その2

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

須屋  
3Dシーンに2Dコントロールを表示  
井戸ポンプ  
ファイル選択ダイアログ  
UcanAccess導入覚書  
ともさんのHP  
タイムラプス撮影  
Raspberry Piを太陽電池に接続  
ラズパイ(Raspberry Pi)で電子工作  
茶室の平面図集  
ともさんの開発室  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます