ともさんのHP >男の洋裁 >男の洋裁日記 >2010大阪ミシンショー

2010大阪ミシンショー

第44回2010大阪ミシンショー&ハンズフェスティバル
行ってきました。ある方のミシンブログを見ていたら、 毎年開催されているらしいことを知り、調べて見ると、2010年は今日と明日とのこと。
偶然にも明日は大阪出張!なので時間を作って行ってきました。
場所は大阪の外れの埋立地、インテックス大阪です。
インテックス大阪-大阪ミシンショー


あれ、人がいない。


入り口にも全然人がいない
第44回2010大阪ミシンショー&ハンズフェスティバル


なんだか嫌な予感がしたのですが...
入ってみると閑古鳥が鳴いているようなことはなく、結構活気がありました。
アパレルCAM


展示されているのは業務用のミシンやアパレルCAD、CAMなどが9割くらい。
趣味で手芸している人が期待して来ると、ガッカリするかも。
私も趣味で来たのではあるけど、設計の仕事をしているので巨大な裁断機やアパレルCAD はとても面白いと感じました。
自動裁断機


以前から気になっていたアパレルCAD。
旭化成のアパレルCAD

3D-CADだと思っていましたが、完全な3D-CADというわけではないみたいです。
ちなみにこの日も自作の服を着て行ったのですが、
「この服は機械設計楽天 用の3D-CADで設計したのですよ」
とCADを説明する人に話したら、一様に「そんなこと出来るの?」と驚いておりました。
意外だったのはその後の会話で、「あなたが縫ったのですか?」と聞かれ、
「はい」と答えると3D-CADと同じくらい驚かれたことです。
おじさんがミシンを使うって、そんなにビックリすることなんですかね。
2社の人と話しましたが、どちらもおんなじ反応でした。

ちなみにCADのお値段は、個人ではとても買えない位のものなんですが、東レさんのCADは SOHO事業主さんに数百台売った実績があるそうです。でもこのCAD、CAM(自動裁断機) とセットで使わないとあんまり意味が無いような気がします。


こちらは中国の会社のサイト。
3次元測定器で人をスキャンし、自動的に型紙を作成→自動裁断機で裁断 が出来るシステムだそうです。
いろいろ聞いていたら、実演してくれました。
スキャンから裁断終了まで4分で完了だそうです。縫って渡すまで2時間で出来るそうな。
「すごいなー」と見ていましたが、3Dスキャナから引き出しているパラメータは、どう見ても お尻周り、胸囲など数種類しかありません。
もちろん、「こんなのメジャーで測ればいいやん」という突っ込みは入れませんでした。
3D測定器


専門学校の生徒さんの作品も展示されていました。
ゴシックロリータは服飾製作の定番なんでしょうか、 ゴスロリ服の製作を専門に学ぶ課程もあるそうです。
学ぶというより趣味に近いような気もします...
日暮里の繊維街を歩いていてもゴスロリのひとが結構歩いていたりします。
女性の人たちは作品を触ったりして確かめていましたが、私は変態と間違われないよう 遠くから見るだけにしておきました、
ゴスロリ服


工業用のミシンが大量に展示されていました。工業用なので単機能、そのかわり高性能って ことでしょう。
写真はロックミシンですが、目にも留まらぬ速さで縫い上げていました。
私のミシンで1分かかるところが、1秒くらいで終わってしまいます(体感値)。
これには仰天。家庭用のロックミシンも速いのかな?急にロックミシンが欲しくなりました。
工業用ロックミシン


おまけ
この日宿泊したホテル。2重窓になっているので不思議に思い、窓を開けてみると、 5階なのになぜか線路が目の前に。なんと!新幹線に隣接していたのでした。。
翌日は始発列車がさわやかに目覚めさせてくれました。
窓の外

最終更新日: 2010-02-22 00:00:00

ともさんのHP >男の洋裁 >男の洋裁日記 >2010大阪ミシンショー

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

カタクリの栽培、手入れ、増やしかた  
ズボンの持ち出しの作りかた  
オオイヌノフグリ  
ものつくり  
アロエの株分け  
屋根から作り始めて最後に基礎を作る建物  
メッシュアニメーション  
JavaFX アニメーション  
バードフィーダーの自作  
平坦なTriangleMesh作成Class  
MeshViewの扱いかた  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます