ともさんのHP >ともさんのHP >ともさん日記 2 >WEBサーバーパソコンのハードディスクを交換

WEBサーバーパソコンのハードディスクを交換

ずっと使っているWebサーバー(このホームページを運用しているパソコン)のハードディスクの 音がだんだんうるさくなってきて、「そろそろ壊れるかな」と思ったので取り替えてみることにしました。 ついでにOSのLinuxも最新に差し替えます。


まずはホームページを引越し。他のパソコンにデータと設定をすべて移し、こちらにHPの運用を任せてから、 パソコンの電源を落とします。
筐体をあけると中身はこんな感じ。埃がたっぷり溜まっていたので、掃除機で丁寧に取り除きました。 パソコンは時々開けて掃除しないといけないですね。
パソコンは某企業でリース品として酷使されてきたものを、3年ほど前に格安で購入したものです。 私の手に移ってからも思いっきり酷使されてきたのに、よく故障しなかったものだと感心します。 パソコンの中身


パソコンからハードディスクを取り出しました。写真右側のほうです。 SirialATAというタイプのハードディスクで、容量は80GB。
左はパソコンショップで購入してきたディスクです。一番安いものを選んだら、 250GB、4000円ほどのものがありました。
ちなみに、私の持っている7年前のパソコン(昨年まで愛用してました)はもう接続できる ハードディスクが市販されていません。このパソコンも、次にハードディスクを取り替えようと思っても、 もう替えがないかもしれませんね。
SirialATAハードディスク


で、DebianLinuxVer5、レニーをインストール。
最近のLinuxはすごいですよ。インストールしただけで日本語入力やら(当たり前か)、Officeソフトやら、 みんなついてきます。しかももちろん無料。
ビジネス用とか、「俺はネットとメールしかやらねえ」って人にはもうLinuxで十分対応できそう。 Windowsとの格差は確実に縮まっていますね。


下はインストールしたパソコンで「ともさんのホームページ」を表示したところ。
自分が「ともさんのホームページ」のWebサーバーのくせに、「ともさんのホームページ」を表示している 面白い状況です。
Linux画面

最終更新日: 2009-06-30 00:00:00

ともさんのHP >ともさんのHP >ともさん日記 2 >WEBサーバーパソコンのハードディスクを交換

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

大正時代の洋裁型紙  
蜂舎一号の失敗  
Fusion360で木工  
風呂の焚き口を修理  
柿渋染め  
ヒョウタンの乾燥  
男性用原型でシャツを自作  
温室の研究  
スリットカメラアプリケーション  
ゴアテックス生地の入手方法  
洗濯物干しハンガーの自作  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます