ともさんのHP > >柿日記 >柿の大枝を落とす

柿の大枝を剪定

土手際に植えて大きくなった柿の木、足場が悪くて剪定が大変なので、思い切って大枝を切り落とし、低くしました。

左が 剪定 楽天 前、右が後。
真ん中の高く伸びた枝を取り除きました。変な形になってしまいましたが、このあと何年かかけて後から生えてきた小さな枝を育て、 樹形を整えようと思います。
あまり上に伸ばさないように注意します。
この木は先代から引き継いだ樹齢100年くらいのものです。
昔の人は樹を大きく育てていたのですが、「手間をかけてたくさんの実をとる」という考えだったのだと思います。
今は効率も重視されますから(というより時間がなかなかとれない)ので、世話のしやすい、小さい樹形に直してゆきます。

柿の農協への出荷額(単価)

農協の通帳を記帳してみたところ、柿出荷代金が16000円ほど入っていました。出荷量合計172Kgだったので、1Kgあたりで100円弱です。
安いですねー。サイズが小さいと箱代+αくらいにしかならないので、なるべく大きな玉を作らないと収益に繋がりません。
出荷したものはSサイズが一番多いのでこんな結果になってしまいました。M、Lサイズがメインになればこの数倍は入ると思います。

最終更新日: 2017-10-02 10:37:46

ともさんのHP > >柿日記 >柿の大枝を落とす

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

ツバキの栽培、手入れ、増やしかた  
柿の剪定道具  
新旧文化式とドレメ式原型製図を比較  
玉縁ボタンホールの縫い方  
キャスケット型紙の設計方法と型紙ダウンロード  
重箱式巣箱の図面  
ブルーベリーの挿し木  
ホオノキ  
アリジゴクの飼いかた  
シンプルなパネルラインワンピースの型紙と作りかた  
ベジェ曲線の原理  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます