ともさんのHP >趣味養蜂 >ミツバチの巣箱 >ラングストロース式巣枠の図面(1×6使用)

ラングストロース式巣枠の図面(1×6使用)

以前作った巣枠は、購入した市販の巣枠を採寸して、そのまま使ったので、材料の切り出しに時間がかかりました。
今回は一部1×6材を使って、安く簡単に作れるよう寸法をちょっと変えました。

広告

上桟の寸法を市販品から変えました。 去年は1寸(27mm)×2寸(60mm)×2000mmの角材を半分に切って断面21mm×26mmの角材を作りましたが、 今年は19mm×140mm×1820mmの6×1材と呼ばれる、ホームセンターによく置いてあるものを使っています。
断面は19mm×25.5mmと、ちょっと小さくなります。
下の図面のようにカットすると、1本の6×1材で15本の上桟が切り出せることがわかります。
ちなみに6×1材は近くのホームセンターで315円ほどで売られており、最近は巣箱本体もこの材を使って作っています。
他のものは幅6寸(180mm)、厚み12oの杉板を使います。

巣枠木取り図

加工にはテーブルソーが必要です。
ミツバチの巣箱楽天 を作られる方は参考にどうぞ。

最終更新日: 2017-01-09 19:43:54

ともさんのHP >趣味養蜂 >ミツバチの巣箱 >ラングストロース式巣枠の図面(1×6使用)

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

SwingイベントでFXデータを扱う  
SwingアプリにFXを追加  
2DSceneと3DSceneを同時に表示  
Raspberry Piを太陽電池に接続  
100年前の日本ミツバチ巣箱を蘇らせたい  
半地下式温室で最低気温の降下を抑える実験  
各種Pane  
好光性と嫌光性の種子  
JavaFX基本コード  
JavaFX  
リナリア(姫金魚草)の育てかた  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます