ともさんのHP >趣味養蜂 >蜂舎 >蜂舎一号の失敗

蜂舎一号の失敗

蜂舎1号

 私の家の周りには大スズメバチがたくさん住んでいるらしい。秋になると大挙してミツバチを襲いにやってくる。ついでに巣箱に近づく人間にも襲いかかってくる。このままでは危ない上に毎年大事なミツバチを全滅させてしまう。そこで、大スズメバチと決別すべく、蜂舎なるものを建てることにしました。

広告

 目論見としては、下記の図のような感じ。壁にミツバチは通れるがスズメバチは通れない網を張り、ミツバチはその中で飼う。この蜂舎の中に入ってしまえば、人もミツバチも大スズメバチに襲われる心配がなくなるわけです。

今までの私  これからの私

構造は2×4に似せたもので、庭で大体の部品を組立て、岡の上に運び込んで組み立てました。2002年春に製作開始。

基礎はブロックを並べただけ。

建築中の蜂舎です。広さは1坪。

 屋根の骨組みも大体作っておいたものを載せました。

 作業中のともさん。

 1日めでこれだけ出来ました。

 二日目はペンキを塗った杉板を葺いて大体完成。屋根楽天 の下の隙間もは後からぴっちりと埋めました。

広告

効果のほどはというと、スズメバチは外から中を指をくわえて見ているばかり...

ではなくて、金網の前で一時停止するミツバチを狙って襲いかかってくる。しかも...

 よく考えてみたら、蜂ノに入れば安全だが、その直前は下のような状態で危険だ。

 タ際、大スズメバチの襲来が激しくなると、危なくて蜂ノに近づけなくなってしまった。隙を突いて中に入っても...今度は出られない状態。結局ミツバチも全滅してしまい、残念な結果になりました。

 現在(2005年)の様子。蜂舎1号は鶏小屋として使われています。奥の建物は2004年に作った蜂舎2号。2号の方はうまくゆきました。

最終更新日: 2017-08-23 08:38:29

ともさんのHP >趣味養蜂 >蜂舎 >蜂舎一号の失敗

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

大正時代の洋裁型紙  
Fusion360で木工  
風呂の焚き口を修理  
柿渋染め  
ヒョウタンの乾燥  
男性用原型でシャツを自作  
温室の研究  
スリットカメラアプリケーション  
ゴアテックス生地の入手方法  
洗濯物干しハンガーの自作  
3次元CADで帽子の型紙  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます