ともさんのHP >趣味養蜂 >ミツバチの巣箱 >2006年の巣箱作り

2006年の巣箱作り

 ミツバチたちの冬ごもりの間に、今年の準備をしています。去年は巣箱や巣板が足りなくなり、不自由したので、巣箱楽天 と巣枠、その他をたくさん作ることにしました。

巣箱は市販のものの使用を止め、自作のものに変えます。巣枠は熊谷養蜂サンから100組分購入しました。 本当は自作したかったのですが、時間がないので断念。

これだけ準備できれば来年ミツバチをたくさん増やせそうです。

名称 現状 2006年製作数 合計 備考
lang巣箱 4 10 14
lang巣枠 78 100 178 100組を購入
L-巣箱 0 1 1
王隔板 3 3 6 購入
王隔板縦 0 1 1 購入
底板2005 3 0 3 使わない
底板2006 0 5 5
フタ 2 6 8
網フタ2006 0 8 8
逆止板縦 0 1 1
市販7枚箱 4 0 4
市販10枚箱 2 0 2
市販10枚継箱 2 0 2
引き出し巣箱 1 0 1
日本巣箱 1 0 1
枠式給餌器 3 3 6
置き型給餌器 1 0 1

広告

下が自作巣箱の基本的な構成。底板と網フタは去年からデザインを変えています。

下が出来上がった巣箱(クリックするとでっかくなります)

フタを開けたところ。防護服を着なくても簡易内検できます。暑くなったら、フタをずらして換気します。

 

底板。スズメバチ君に侵入されないように入り口の高さを5mmに低くし、幅を200mmと広げました。

広告

 

組立中の巣枠。4本の部材を組んで枠にしますが...

写真のようにこぐちの加工精度が非常に悪くて驚きました。 うっかり組み立てるとグニャグニャの枠が出来てしまうので、 組立にちょっと手間取りました。あの会社から巣枠を購入するのはもう止めよう。

最終更新日: 2012-12-12 21:21:33

ともさんのHP >趣味養蜂 >ミツバチの巣箱 >2006年の巣箱作り

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

SwingアプリにFXを追加  
2DSceneと3DSceneを同時に表示  
Raspberry Piを太陽電池に接続  
100年前の日本ミツバチ巣箱を蘇らせたい  
半地下式温室で最低気温の降下を抑える実験  
各種Pane  
好光性と嫌光性の種子  
JavaFX基本コード  
JavaFX  
リナリア(姫金魚草)の育てかた  
シイタケ原木栽培のしかた  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます