ともさんのHP >ものつくり >ともさんの開発室 >南極大陸へ手紙を届ける方法

南極大陸へ手紙を届ける方法

20年くらい前に、手紙を瓶に詰めて海に流すことが流行った。 瓶は海流に流され、風に弄ばされたのち、見知らぬ海岸の、 見知らぬ誰かに拾われる。

ところが、海流は北太平洋の中をまわっているので、 日本で投げ込まれた瓶はほとんど北太平洋の中を漂うだけだ。

そこで!自力で南(北)へ方向を決め、推進する瓶を考えてみた。下がその図。

瓶の中には手紙のほかに棒磁石が入っている。栓からは棒が延びていて、 先端には可動式の翼がついている。

 これがどうやって進むかというと...。  

 

波で翼の周りに水流が起こると、傾いて前方へ推力を生み出す。 水流が逆でも翼が傾いて前方へ進む。

方向はどうやって決めるかというと...もうわかりますね。 棒磁石が入っているので瓶は磁石の指す方向そのままに向きます。

この瓶、海に流せば赤道を越え、オーストラリアを越え、 うまく行けば南極大陸へ到達するでしょう。「それがどうした」 と言われると回答に窮するのですが。

最終更新日: 2003-08-21 09:25:00

ともさんのHP >ものつくり >ともさんの開発室 >南極大陸へ手紙を届ける方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

大正時代の洋裁型紙  
蜂舎一号の失敗  
Fusion360で木工  
風呂の焚き口を修理  
柿渋染め  
ヒョウタンの乾燥  
男性用原型でシャツを自作  
温室の研究  
スリットカメラアプリケーション  
ゴアテックス生地の入手方法  
洗濯物干しハンガーの自作  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます