ともさんのHP >ものつくり >食べ物作り >小麦を収穫してパンを焼く

小麦を収穫してパンを焼く

 何年も前から小麦を育てているのだけど、実はまだ一度も食べたことがない。毎年収穫後に、「さあて、なに作ろうか」と決めかねているうちに、コクゾウムシがやってきて先に食べられてしまうからだ。今年こそは作ってみました。

 2002年2月24日

 生育中の麦。左が大麦、右が小麦。今年初めて麦踏をしてみたのだけど、やっぱり踏むと成長がぜんぜん違います。

 2002/3/31

 3月末。大麦はもう穂が出ている。

 2002/5/6

 5月はじめ。大麦はもうすぐ収穫。去年はスズメにだいぶ食べられたので、今年は早めにネットをかけました。

 収穫した大麦、じいさんが干して叩き、とりいれてくれました。5リットルくらい取れたかな。

 さっそく製粉。準備したのは、製粉器とボール数個、フルイ1個。製粉器は蕎麦などの穀類も製粉できるので、持っているととても便利です。

 

 製粉器の説明書によると、最初は荒く、だんだん細かく、3回に分けて挽き、そのつどフルイにかけるとのこと。

 

 写真左から、小麦そのもの、荒く挽いたもの、フルイにかけたもの。フルイにかけると外側の皮が取り除かれる。

 3回と書いてあったけど、時間がないので2回で終了。フルイの目が粗いのか、粉の中に皮の残りが混じっている。ちょっと心配。

 出来上がった粉。右の分量でパン1斤分だ。

 さて、いよいよパン焼き開始!。といっても粉とイーストなどと一緒にパン焼き器に投入するだけ(^_^;;。

 焼きあがりました。なんだか妙に高さがない。発酵がうまくゆかなかったのだろうか?色は市販のパンのように白くない。

 さて、それではさっそく試食。自家製ハチミツを乗せてみました♪

 味の方はどうかというと......いまひとつ。なんだかとってもパサパサした食感だ。しかも、噛んでいると粉に混じった皮でジャリジャリする。うーん。

 今度はフルイを変えて作ってみよう。膨らまないのは粉のきめが粗いからなのだろうか?

最終更新日: 2002-06-18 22:17:00

ともさんのHP >ものつくり >食べ物作り >小麦を収穫してパンを焼く

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

3Dシーンに2Dコントロールを表示  
井戸ポンプ  
ファイル選択ダイアログ  
UcanAccess導入覚書  
ともさんのHP  
タイムラプス撮影  
Raspberry Piを太陽電池に接続  
ラズパイ(Raspberry Pi)で電子工作  
茶室の平面図集  
ともさんの開発室  
シンプルなパネルラインワンピースの型紙と作りかた  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます