ともさんのHP >ものつくり >麦稈真田の編みかた

麦稈真田の編みかた

麦稈真田とは

麦稈真田とは、麦の稈を真田紐のように編んで作ったひも状のものです。この紐を縫い合わせて麦わら帽子などを作ります。
大正のころから昭和30年代にかけて、私の住んでいる地方では盛んに作られ、輸出されていたのだそうです。
麦稈真田の編み方

広告

その頃は貴重な現金収入元として、どの家でも夜なべをして真田を編んでいたそうです。
麦稈真田はほとんど輸出され、輸出先で帽子などに加工されましたが、一部は地元でも帽子に加工していたそうです。
現在でも製帽工場が多くあって、帽子を生産していますが、麦稈真田の生産は絶えて久しい状況です。

麦稈真田の種類

編み方がいくつかあって、三平(さんぴら)、四平、五平、四菱(しびし)、六菱などがある。
最盛期は手編みで生産されていましたが、後期には機械編みもなされるようになったそうです。

四菱の編みかた

まずは四菱の編み方。先に出ている麦が4本で、角が出ているから、四菱なのだそうです。
麦の稈を2本用意します。写真はわかりやすいように色付きの紙テープを使っています。
麦稈真田、四菱の編み方

緑-水色のテープをV字型に曲げて、もう一方に掛けます。緑が下、水色が上になるようにします。

右端の青色を曲げて、緑テープに沿わせます。
麦稈真田、四菱の編み方

右端に移動した水色を曲げて、赤に沿わせ、緑の下へ潜らせます。
麦稈真田、四菱の編み方

再び端に移動した青色を曲げて赤に潜らせます。
麦稈真田、四菱の編み方

曲げる側を変えます。もう一度青を曲げて緑に沿わせ、水色の下に潜らせます。

続いて赤も同様。
麦稈真田、四菱の編み方

端の稈を折り、平行する2本の遠い側の下を潜らせる、折れなくなったら反対側に移る。
を繰り返して編んでゆきます。
麦稈真田、四菱の編み方

端まで編むとこんな感じになります。稈が足りなくなったら継ぎ足してどんどん伸ばしてゆきます。
盛んに生産されていたころは、子共でも一日に50mほど編んでいたそうです。

四菱の編みかた動画

動画にすると下のようになります。


最終更新日: 2018-02-05 08:58:49

ともさんのHP >ものつくり >麦稈真田の編みかた

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

XMLファイルを読み込む方法  
JavaFX StageStyle  
ジャケット襟の試作  
jarファイルからCSS、pngファイルを読み込む  
トタン屋根補修のしかた  
JavaFX Alertダイアログを最前面  
JavaFXでWEBブラウザ  
アイコンの差し替え  
宅配BOX兼ベンチ  
竹の節抜き方法  
重箱式巣箱  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます