ともさんのHP >田舎生活 >家庭菜園 >トマトを種から栽培

トマトを種から栽培してみた結果

トマトといえば代表的な夏野菜です。トマト、ナス、ピーマン、キュウリのセットは家庭菜園をする家なら必ず育てる野菜だと思います。
キュウリを除いたものは普通、ホームセンターなどで苗を購入して育てるものと思います。
実際私の家でも購入して育てていますが、苗って高価だし、欲しい品種があっても店においてなかったりします。
今回種から育ててみたので、その経過と結果を書きたいと思います。

広告


育てた品種

トマトとミニトマトを種まきしてみました。
普通のトマトは、「桃太郎T93」というタキイ種苗の品種です。
栽培適期表を見ると、種蒔き:3月初〜5月末、定植:4月末〜7月末。収穫は6月中旬から10月末くらいまでとなっています。
桃太郎T93栽培適期表

苗を買うと収穫時期は8月中旬くらいまでなので、遅く種蒔きをすれば収穫は8月以降になり、長い期間トマトが食べられそうです。

ミニトマトの品種は「千果99」(これもタキイ種苗)を選びました。極早生品種です。
千果99栽培適期表

早生品種なので、遅く蒔いても早い時期、というか、普通の時期に収穫が見込めます。

育てた結果

5月3日種蒔き。種は深く埋めると芽を出さないそうです。一粒ずつ慎重に植えました。ポットに蒔いてその後新聞紙で保湿。
トマトの種蒔き

5月16日、発芽を確認しました。 トマトの芽

5月26日、生育中。4+4ポットに蒔いて目を出したのがそれぞれ2つだけ。キュウリも一緒に写っています。
トマトの苗

同じ日に撮影した、購入苗はこのくらいに育っています。花が咲き、小さな実ができ始めました。だいぶ差がありますね。

広告

トマト購入苗

6月14日、定植。畑に植えました。支柱はまだ立てていません。
トマト定植

7月6日の様子。奥が購入苗、手前の方が実生苗です。まだまだ小さいですね。
7月6日の様子

7月21日、大きく育ちましたが実はついていません。
育ったトマト

同日の購入苗トマトは、たくさん実が付いて、収穫盛りです。
購入苗ミニトマト 購入苗トマト

8月22日、購入苗の収穫収穫終了。実から育てたものはというと...結局花も咲かずに終わってしまいました。
トマト終了

何が悪かったのでしょうか、メーカーの作り方を読むと、雨よけ栽培をするようにとあるのですが...普通に雨ざらしで育てました。 やはりこれが悪いのでしょうか?それとも種蒔き時期が遅すぎたのですかね。残念な結果になりましたが、来年は失敗しないようにもう一度試してみようと思います。

挿し木トマト、こぼれ種トマトを育てる

購入苗の脇芽を摘んで挿し木をして、これを植えてみました。去年の栽培場所からミニトマトの芽が出てきたので、これも一緒に育ててみました。
下の写真はこぼれ種トマト。赤い実がいくつか出来ています。実はかなり小さく、量もあまりなりませんでした。
こぼれ種トマト

挿し木苗も収穫量はいま一つというところ。結局購入した苗が一番元気よく、たくさんの実をつけてくれました。

最終更新日: 2017-08-31 10:19:23

ともさんのHP >田舎生活 >家庭菜園 >トマトを種から栽培

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

XMLファイルを読み込む方法  
JavaFX StageStyle  
ジャケット襟の試作  
jarファイルからCSS、pngファイルを読み込む  
トタン屋根補修のしかた  
JavaFX Alertダイアログを最前面  
JavaFXでWEBブラウザ  
アイコンの差し替え  
宅配BOX兼ベンチ  
竹の節抜き方法  
重箱式巣箱  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます