ともさんのHP >田舎生活 >草花の育てかた >リナリア(姫金魚草)の育てかた


リナリア(姫金魚草)の育てかた

リナリア(姫金魚草)の育てかた

タキイ種苗から購入したリナリア(姫金魚草)マゼンダローズ・グッピーを育ててみました。栽培記録です。
満点ではないですがうまく育って沢山花を咲かせてくれました。早春の花の少ない時期に咲いてくれて嬉しかったです。
小さくてすぐに花を咲かせるので、栽培も容易な印象を受けました。
開花した姫金魚草

広告


リナリアについて

学名: Linaria maroccana
英名: Morocco toadflax
和名: ヒメキンギョソウ
科 名:ゴマノハグサ科
原産地:北アフリカ
花言葉:私の恋を知ってください
タキイ種苗のグッピーは、草丈役25cmに改良された矮性の品種です。花色は濃桃紅色。
リナリアタキイ種苗

種まきのしかた

タネまき
秋まき9月下旬-10月上旬
浅鉢に種まき培土を入れてまきます。
タネは細かいので覆土はせず、密にならないように注意します。
直まきも可能で、暖地・中間地では秋、寒地では春に箱の心配がなくなってから花壇などにまきます。

私の場合、2017年9月20日、ポリポットに種まきしました。
ポリポット


育てかた

本葉3-5枚でポットに植替え、霜が当たらない暖かい場所で越冬させます。
春3-4月頃、花壇に植え付けます。
鉢植えの場合は15cm鉢に3 株植えにします。
日当たりと風通しの良い場所を好みます。

発芽適温:20℃
生育適温:5-20℃
発芽までの日数:15-20日

広告


私の場合、種まきしたポットでそのまま栽培しました。何回か追肥を行い、鉢の乾き具合をみて、乾いたら水やり。
種まき時はまだ暑かったので、木陰にポットを置いておきました。
寒くなってからは、玄関先の冷たい風の当たらない、日当たりのよい場所で他の草花と一緒に管理。
日当たりのよい玄関先


開花までの日数

9月20日蒔きで12月27日には下の写真のように最初の花が咲きはじめました。約100日です。成長、早いですね。
暖かい場所なので、猫たちも一緒に日向ぼっこしています。
リナリアの花

2か月後、2月下旬の状態が下の写真です。ちょっとくたびれてきていますが、まだまだたくさん咲いてくれています。
開花した姫金魚草

3月初旬くらいまで咲いてくれるかな。

最終更新日: 2017-02-23 09:25:38

ともさんのHP >田舎生活 >草花の育てかた >リナリア(姫金魚草)の育てかた

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

型紙の製図方法  
CADデータエクセルファイルに変換するJavaClass  
自作したミツバチの巣箱  
Javaで静止画像(Jpeg)を動画(Mov)に変換  
蜂舎のこと  
「吉田式巣箱」の製作:巣箱編  
ミツバチ用電気柵の構造  
【家庭菜園】輪作プラン  
小屋作り  
ミツバチの巣箱  
吉田式巣箱  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます