ともさんのHP >ともさんのHP >化学物質過敏症 >服を茹でて化学物質過敏症対策


服を茹でて化学物質過敏症対策

化学物質過敏症で、いろいろな物で苦しくなります。服(特に下着)でも苦しくなるため、対策として茹でたら改善したので詳細を書いておきます。
同じように苦しんでおられる方の参考になればと思っております。

広告


化学物質過敏症の原因物質はかなり個人差があると思うのですが、私の場合、「服についているなにか」もその一つです。
洗剤に含まれている香料が非常に強烈なのに対し、この「なにか」の刺激はよわくて、普通に生活するぶんには大丈夫なレベルです。
しかし、布団にはいって寝る時、空気の澱んだ状態では辛くなってしまいます。
喉に近い下着の上と寝る時に着るカッターシャツ(パジャマなどのふさふさした布は素材がダメなので、古くなったカッターシャツを着て寝ています) を煮て「なにか」を落としたところ、以降安眠できるようになりました。
なぜ煮たかというと...どこかで(多分SNS)このような対策をしているというのを読んだ記憶があるためです。
いろいろ試している中で、たまたま煮てみたら効果があったということです。
自分には効果があったのですが、他の人にも同様に効果が現れるかどうかはわかりませんので、試してみる方はご承知の上やってみてください。


服の煮かた

容器に水を入れて沸騰させます。
容器は、私の場合、古くなって捨てる予定だった炊飯器の内釜を使っています。あまり大きくないので大きな服は入らないのですが、 食べ物用の鍋を使うのはためらわれるので、とりあえず手近にあったこれを使ってます。
沸騰してきたら、服を入れて棒で押し、湯に浸してから蓋をします。
水の状態から服を入れると、水の循環が妨げられて、水温にむらができてしまうので、沸騰してからがよいです。
蓋はアルミホイルを使っています。蒸気が出てくるので、換気扇を回して、上記を排出しましょう。
私の場合、この蒸気を吸い込んでも気分が悪くなります。
煮る時間は10分程度です。
もうちょっと短い時間で終えたこともありますが、十分な効果がなかったので、今は10分を目安にしています。
煮終えたらそのまま放置して冷やします。
冷えたら洗濯機へ入れ、この服だけで洗濯します。
これで完了。

広告


煮る服の種類

私の場合、下着のシャツとカッターシャツだけを煮ています。素材は綿。
化学繊維だと、恐らく採れない皺がついてヨレヨレになってしまうかと思います。
カッターシャツの襟やボタン周りの固い部分は柔らかくなってしまいます。着て寝る分には問題ありませんが、外出用には使えなくなります。

最終更新日: 2017-02-09 08:23:02

ともさんのHP >ともさんのHP >化学物質過敏症 >服を茹でて化学物質過敏症対策

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

水中毒の体験談  
電気柵  
ミツバチ写真集  
ラングストロース式養蜂巣箱の図面  
電子工作  
自動揚水ポンプを自作  
整理棚の自作  
五右衛門風呂の風呂釜を修理  
自分でリフォーム  
【初心者用】日本ミツバチ飼育巣箱の作り方その2  
洋裁CAD用部品ファイルの作り方  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます