ともさんのHP >ものつくり >木工 >製本冶具

製本冶具の作り方と製本のしかた

A5サイズのコピー用紙を印刷して手帳として使っています。
一日一枚使うので、使用済の紙がたくさん出ます。
すぐに捨てたくはないのでリフィルファイルに入れて保管していたのですが、これも1つ500円位するし、ちょっと場所も取るので製本して保管することにしました。
本を固定

製本楽天 するための冶具を作ったので、治具の作り方、冶具を使った製本の方法を書きました。

広告


製本冶具の作り方

なるべく簡単に作れることを考えて設計しました。

材料と道具

材料は1×6(寸法19×140×1820mm)の規格材、M8L90ボルト×4、蝶ナット4、小さい角材、コーススレッド3本、木工ボンドです。
道具はノコギリ、ドリル、ドライバー等が必要になります。

作業

1×6材は長さ300mmにカットして、3枚作ります。300oは厳密な数字ではなく、「大体このくらい」です。A5の名が手方向210o+φ9穴2か所開けるだけの長さがあればOK。
切り出した木材

簡単なカットなので、ホームセンターで木材を購入すると同時にカットもお願いしてしまえばいいでしょう。 1×6材の標準長さは1820oなので2セット分作ることもできます。私の場合、木材楽天 を同じ長さで切る冶具を持っているので、これを使って切りました。
木工冶具 木工動画


3枚のうち2枚を重ねて、φ9oの穴を4か所開けます。穴の間にA5の紙を入れるので、幅方向の穴間隔は210o以上とります。穴を開ける前に210o間隔の線を2本引いておきます。
4か所の穴あけ中に2枚の板がずれてしまわないように注意しましょう。
木材穴あけ加工

穴あけ詳細

穴を開けた板1枚は、のこぎりで下の図のように切欠きを入れておきます。(なので穴もあらかじめこの切欠きを避けて開ける必要があります)。
縁をカット

穴を開けていない板を下にして、穴あき、切欠きなしの板をT字型にコーススレッドで固定します。(穴を合わせた時に切欠きが下になる方向で固定します。)
コーススレッドを打ち込む位置にも気をつけましょう。1本φ9の穴を同じ位置に打ち込んでしまい、やり直しました。
ネジで接合

ねじ止め失敗

最後に、切欠きの位置に木片を木工ボンドで接着して完成です。
木片を接着


製本冶具を使った製本のしかた

必要なものは下の写真のとおり。
製本する紙(たくさん)、木工ボンド、細工用の歯の細かい ノコギリ 楽天 、背布(寒冷紗のような素材が適していますが、今回は綿のシーチングを使いました。手芸店のワゴンセールで売っている端切れです)
製本に必要なもの

固定

製本する本を冶具に挟んで固定します。閉じる方を上にします。A5サイズの紙の短手方向は151o、治具の木材幅は140mmなので、ちょうど11mm紙が飛び出します。
本を固定

短手方向は底板に当て、長手方向は木片に当てて、紙を揃えます。揃ったらボルトを閉めて固定します。ネジはきつく締める必要はありません、紙が動かなければ十分。
木片に当てて揃える

最終更新日: 2017-04-06 10:32:04

ともさんのHP >ものつくり >木工 >製本冶具

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

ウエスト切り替えワンピースの作りかた  
気象観測装置を作りました  
五右衛門風呂の修復  
子ウインドウを開く  
キキョウの栽培、手入れ、増やしかた  
ツリービューにポップアップメニューを追加  
JavaFXでPopupMenu  
竹を曲げる方法  
井戸保護カバーの自作  
ルピナスの栽培、手入れ、増やしかた  
アメリカンホック  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます