ともさんのHP >田舎生活 >家庭菜園 >連作障害の原因と対策

連作障害の原因と対策

同じ科又は近い科のの植物を、同じ場所で続けて栽培し続けると、土壌中の条件(栄養分や微生物など)に偏りが出て下のような障害が発生しやすくなります。

広告

連作障害の原因

●病害。特に土壌で伝染するタイプの病害。連作障害の原因のほとんどを占めます。
●土壌中の害虫 (センチュウ)の異常発生など。
●硝化菌(アンモニアを食べる菌)の異常発生など、土壌微生物のパランスが崩れる。
●特定の養分が多すぎる状態になったり不足したりして、養分のバランスが崩れる。
●作物自身の出す有害物質により成長が阻害される。

連作障害の対策

●輪作をする(異なる科の野菜を順に栽培)。
●堆肥などの有機物を投入する。
●天地返しをして土を入れ替える。
●土壌消毒する。
●抵抗性品種を植える。接ぎ木苗で育てる。
●田を畑に変える、畑を田に変える。
●性質の異なる作物や植物を交互の畝で育てたり、混合して育てる。

最終更新日: 2017-01-04 18:26:25

ともさんのHP >田舎生活 >家庭菜園 >連作障害の原因と対策

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

ヌートリア  
蜂舎の屋根張り  
机上棚とプリンタ棚の自作  
アメリカンホック  
炊飯器棚の作り方  
普通のシャツをスタンドカラーにリメイク  
植物タイムラプス撮影  
ツツジの栽培  
養蜂用燻煙器の使い方  
ともさんのHP  
化学物質過敏症  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます