ともさんのHP >ものつくり >自分でリフォーム >雨樋の補修

雨樋の補修

リフォームで付け替えてもらった雨樋、継ぎ目がうまく接着できていなかったようで、すぐに水が漏れるようになりました。
台所用のアルミ補修テープを貼ったら止まったのですが、数年たって再び漏水。
雨が軒下へ落ち、庭を通って道に流れるので、庭の土が削れるし、道路に土が溜まってしまうしで、困ったことになりました。
前回は耐久性のある補修方法で修理します。

広告


シリコンシーリングで隙間を埋める

思い切って工事用のシーリング材を購入しました。 量がたっぷりありますが、シーリング材は300円ほど。注入器も300円くらいで購入できます。 他の家庭用のシール材はほんの少しで600円以上するので、結局これにしました。 注入器は持っていたので、実質300円の買い物です。 セメダインシリコン


トイの隙間を充填

樋の継ぎ目部分、充填する前にアルコールでよくふき取ってからシーリング材をたっぷりと充填しました。
たっぷり使いましたが、全体からみるとほんのちょっとなので、すごくもったいないです。
開封したらいずれ固まってしまうので、ついでがあればいろんなところに塗ると良いでしょうね。今回は他に使う場所がないので、残念ながら残りは捨てることになりました。
樋の隙間 樋の補修

肌の敏感な人は充填剤に触れないように注意しましょう。私は弱いので、直接触っていないのに手のひらに違和感を感じ、入念に手洗いしました。
この補修でおそらく10年以上は大丈夫かなと思っています。

最終更新日: 2016-12-28 11:40:38

ともさんのHP >ものつくり >自分でリフォーム >雨樋の補修

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

SwingアプリにFXを追加  
2DSceneと3DSceneを同時に表示  
Raspberry Piを太陽電池に接続  
100年前の日本ミツバチ巣箱を蘇らせたい  
半地下式温室で最低気温の降下を抑える実験  
各種Pane  
好光性と嫌光性の種子  
JavaFX基本コード  
JavaFX  
リナリア(姫金魚草)の育てかた  
シイタケ原木栽培のしかた  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます