ともさんのHP >男の洋裁 >男の洋裁・作りかた >袴の作り方

袴の作り方

正確には袴ではなく、袴のように見える服の作り方です。
おもな袴にはスカートのような構造の物と、ズボンのように股の入った馬乗り袴とがあります。ここではスカート様の袴を作っています。
金田一耕介のコスプレをしたくて作たものです。
完成するとこんな感じです。サイズは成人男性Lサイズくらい。ウエストサイズは82cmです。サイズ違いを作る場合は寸法を按分してみてください。

広告

完成した袴 完成した袴横 完成した袴正面

帽子と上衣の作り方も順次公開するので、併せてて読んでいただけると嬉しいです。

袴の型紙

直線しかないので、図を書いて布を測り、直接カットしました。なので型紙はなし。その代り布の寸法図を掲載しておきます。


布は綿麻の素材で幅1480mmの物を購入して使いました。上の図のように、2mあれば足ります。
幅920×高さ1080の布2枚、幅80×長さ1540の布2枚、それから、120×350の台形二枚

作り方

袴を大きく分けると、前身頃、後身頃、腰板、帯×2に分かれます。
順に作ってゆきます

前身頃

幅920×高さ1080の布1枚で作ります。
直線カット

直線断ちなので定規を使ってカットします。

袴前身頃

高さ1080mmは腰から足元までの長さなので、調整します。私は長めに作って、最後に長さ調整でカットしています。
布の周囲には縫い代10oがついています。
上部左右は200×70mmで内側に折ります。
12本書いてある2点鎖線は折り目です。下の図のように折り曲げて、4つのひだを作ります。
袴の襞

折るとこんな感じになります。
袴の襞

紐を作って...
袴の紐

前身頃に縫い付けます。
身頃と紐

これでとりあえず前身頃完成。
襞の仮止め

襞がとれてしまわないように、仮止めしておきました。

広告


後身頃

前身頃と同じサイズの布を使いますが、襞の折り方が違います。
後身頃

後身頃の襞


折ったらこちらも仮縫いで留めておく
袴の後身頃


腰板の作成

帽子のつば用の、堅めの接着芯を切って腰板の芯にしました。これを布地に貼りつけて、周囲を縫ってひっくり返して腰板にします。
袴の腰板 袴の腰板


腰板と紐の接合

ちょっとわかりづらいけど、下の要領で仮止めしてからミシン掛けして取り付けました。
腰板と紐の接合1 腰板と紐の接合2 腰板と紐の接合3 腰板と紐の接合4

これで後身頃完成。

前後の接合と裾上げ

前後の身頃を合わせて、脇の部分をミシン掛けします。
前後身頃の接合

あとは穿いてみて、裾の長さを調整すれば完成です。
コスプレ用なので、かなり簡略化して作っています。
完成した袴横 完成した袴正面


最終更新日: 2017-01-20 09:49:32

ともさんのHP >男の洋裁 >男の洋裁・作りかた >袴の作り方

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

雑草でグリーンカーテン  
エケベリア植え替え  
E型肝炎体験記  
フラワースタンドの自作  
ウエスト切り替えワンピースの作りかた  
メーラーの引っ越し  
RaspberryPi用Javaサンプルプログラム  
須屋  
3Dシーンに2Dコントロールを表示  
井戸ポンプ  
ファイル選択ダイアログ  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます