ともさんのHP >田舎生活 >小動物の飼いかた >ヤモリの飼いかた

ヤモリの飼いかた・飼育方法

家でヤモリを捕まえてので飼ってみました。
このページは書きかけです。
ヤモリ

広告

捕まえる時の注意

ヤモリはトカゲと一緒で、しっぽを自切する習性があります。なので捕まえる時はしっぽを掴まないように気をつけます。
壁際に追いつめて、首ねっこを押さえたら、うまく捕まえることができました。
田舎の家だと、夜に網戸の上をはっているヤモリを見かけます。家の明かりに誘われてくる昆虫を狙ってやってくるようですね。
網戸の上のヤモリはすぐに逃げてしまうので、意外に捕まえにくいです。小さめの網を使うとうまく捕れるかもしれません。
私の場合は、狭いたまたまトイレに迷い込んできた物を手で捕まえることができました。

ヤモリのエサ

蛾などの昆虫を食べているので、飼育でもこれをあげれば食べるのだと思います。
ペットのレオパとかは冷凍のコオロギがエサなので、いくつか虫をヤモリのケースに入れて一晩おいてみました。 入れたのは、ダンゴムシ、イモムシ、バッタの3匹。
結果、いづれも食べてくれませんでした。飼育容器に入れられてストレスなのでしょうか? もしくは、そんなに頻繁に食べないのかもしれませんね。あまり閉じ込めて死んでしまってもいけないので、エサも含めて解放してあげました。

ヤモリの卵

ヤモリの卵

家の勝手口の扉の隙間が、なぜかヤモリの産卵場所になっています。毎年卵を産むので、殻がたくさんくっついたままになっています。
今年も2つ、卵がありました。

最終更新日: 2016-08-05 10:15:08

ともさんのHP >田舎生活 >小動物の飼いかた >ヤモリの飼いかた

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

fxmlファイルの利用  
雑草でグリーンカーテン  
ウエスト切り替えワンピースの作りかた  
気象観測装置を作りました  
五右衛門風呂の修復  
子ウインドウを開く  
キキョウの栽培、手入れ、増やしかた  
ツリービューにポップアップメニューを追加  
JavaFXでPopupMenu  
竹を曲げる方法  
井戸保護カバーの自作  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます