ともさんのHP >男の洋裁 >男の洋裁・作りかた >プリンセスラインワンピースの作りかた

【型紙付】プリンセスラインワンピースの作りかた

洋裁CADを使ってプリンセスラインワンピースの型紙を製図して縫製したので、型紙楽天 と縫いかたを書いておきます。
1/2に縮小印刷して、1/2トルソー用に作りました。
型紙の製図が正しいかのチェックと洋裁の練習をかねて制作しました。

広告

完成した1/2サイズのプリンセスラインワンピース
左が1/2サイズ。右のリカちゃん人形は型紙データの原型をリカちゃん楽天 用に差し替えて1/8で作ったもの。袖と衿は小さすぎて作れませんでした。

型紙のダウンロード

説明が長くなるので、ページを分けました。こちら からダウンロードされてください。
以下、この型紙を使うものとして作りかたを説明してゆきます。
PDFで女性用7,11,15号を公開していますが、洋裁CADとCADデータをダウンロードすれば自分好みにサイズやデザインを変更できます。

必要な道具

ミシン、マチ針、リッパー、手縫い針、アイロンなど。
ミシン、アイロンは必須。その他、一般的に必要な裁縫道具があればOK。

必要な材料

布は薄めの綿布で良いと思います。初心者の人は、適度に張りのある、伸びない布を使うと縫いやすいです。 作例では日暮里の生地店で購入した1m100円の生地を使っています。
所要量は下の裁ち合わせ図の通り。
青い枠は幅1200o×2700oです。大体3mあれば足りると思います。
プリンセスラインワンピースの裁ち合わせ図

その他接着芯、ファスナー、ホック、伸び止めテープ、布の色に合ったミシン糸が必要。

所用時間

実際に作るのにかかった時間は以下の通り。といっても、1/2サイズなのであまり参考になりませんが、1/1サイズだとこの倍くらい時間がかかると思います。
大きいのと、身頃が多いのとで、結構時間がかかります。
合計:約6時間
布の裁断:1時間
端ミシン:省略
前後身頃の接合:2時間
ファスナーの取り付け:省略
衿の作成:20分
衿の取り付け:40分
袖の作成取り付け:1時間
脇縫い:30分
裾縫い:30分

制作手順

実際の作りかたを写真で紹介してゆきます。

布の裁断

カッティングマットの上に布を置き、その上に型紙を置いて、布に線をつけてゆきます。
つけ終えたら印に沿ってロータリーカッターで布を切って裁断完了。
一緒に写っている小さいものはリカちゃん用です。
型紙 印付け 裁断後

カッティングマット楽天 は特大を使っています。1/2サイズだと、型紙がちょうど入る大きさ。
原寸だとはみ出してしまうので、布をずらしながら切るか、マットを2枚並べて切る必要があります。 カッティングマットは1枚しか持っていないのですが、今後追加購入する予定。

端ミシン

今回は試作なので端ミシンは省略しました。普通に服を作るときは、端ミシンだけで2時間くらい使います。意外に時間がかかるのです。
端ミシンの前に 接着芯 楽天 を貼っておくのを忘れずに。
でないと、端に貼った接着芯が後からほつれてしまいます。貼った後、布と一緒に接着芯も端ミシンしておきます。

身頃の接合

プリンセスラインの服は身頃が多いので手間がかかります。
今回の型紙は、前身頃が3枚、後身頃が4枚に分かれています。前身頃は3枚を1つに、後身頃は4枚を2枚にまとめ、肩の部分で前後を繋ぎます。
身頃の接合

ファスナーの取り付け

これも省略しました。左右の後身頃を繋げます。前身頃と接合する前にファスナーを付けます。

襟つくり

まず接着芯を切って、これを布に貼ります。接着芯は縫い代なしでカットします。
衿

ミシンかけは、身頃に接合する部分を除いて行います。縫い終えたらひっくり返して裏表を逆にし、アイロンで折り目を整え、端から2mm位のところをミシン掛け。
ひっくり返した衿

身頃へつける部分の縫い代、片側は折り返して糊で貼りつけます。
糊つけした衿

襟の取り付け

襟を身頃に付けます。
折り曲げていない方の縫い代で身頃と縫い付けます。
衿の縫い付け

その後、襟の中に縫い代を押し込んでもう一度ミシン掛けします。
衿の取り付け

これで衿が出来ました。

袖口の取り付け

袖口を袖に付けます。要領は衿と同じ。縫い代の片方を縫い付けてから、縫い代を袖口の中に入れて仕上げ縫い。
ダーツを入れて縫い付けました。
袖口 袖口の取り付け1 袖口の取り付け2 袖口の取り付け3

脇縫い

前後の身頃の脇を縫い合わせます。袖ぐりから脇の下を通って、裾までミシン掛けします。
脇縫い

袖の取り付け

袖の前後裏表を確認して身頃に付けます。仮止めピンチ、仮縫い、ミシン掛けの順で作業します。
まずは袖を閉じて、筒状にします。
袖縫い

出来た袖を身頃に差し込んで、ミシン掛けます...
袖の接合

っと、ここで問題発生。袖が小さすぎてミシンが入りませんでした。1/2サイズでは無理でしたね。 しかたないので、袖は手縫いで取り付けました。

裾縫い

裾は2回折ってアイロン掛けして、仮縫いしてからミシン掛けします。今回は省略

広告

ボタンホールとボタンの取り付け

1/2トルソーなのでボタン付けは省略しました。ボタン楽天 ホールはいつもミシンのボタンホール楽天 機能を使っていますが、 いま一つ綺麗に出来ないですよね...

プリンセスラインワンピースの完成

これで完成!
プリンセスラインワンピース

身頃の数が多いので、普通のワンピースを作るよりも手間がかかりますが、美しいラインの服が出来ると思います。

最終更新日: 2016-07-22 08:21:24

ともさんのHP >男の洋裁 >男の洋裁・作りかた >プリンセスラインワンピースの作りかた

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

ツバキの栽培、手入れ、増やしかた  
柿の剪定道具  
新旧文化式とドレメ式原型製図を比較  
玉縁ボタンホールの縫い方  
キャスケット型紙の設計方法と型紙ダウンロード  
重箱式巣箱の図面  
ブルーベリーの挿し木  
ホオノキ  
アリジゴクの飼いかた  
シンプルなパネルラインワンピースの型紙と作りかた  
ベジェ曲線の原理  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます