ともさんのHP >田舎生活 >家庭菜園 >栗拾いのための手袋

栗拾いのための手袋の使い方

秋の栗拾いは楽しいものですが、気をつけないといけないのは、あの痛いイガです。

広告

栗のイガのとげは鋭く、ちょっと触れただけでも皮膚に刺さってしまいます。
しかも折れやすいので、刺さった後折れて皮膚内に残ってしまうと抜くのが厄介です。
栗のイガ

長靴を履き、両足でイガを踏み込み、火箸でほじくりだす方法があんぜんなのですが、とても非効率でやってられません。
軍手では勿論手に負えず。皮手袋も時々貫通して痛い目にあいます。
栗のイガを手で扱って栗を取り出せばとても効率的に栗拾いができます。そのための手袋の使い方を紹介しましょう。

皮手袋を2重にはめて栗拾いする

私のしている手袋の使い方、単純ですが皮手袋を2重にはめて使っています。
下にはめるのは皮手袋ではなくて、軍手でも大丈夫です。
上にはめる皮手袋は大きなものを用意しましょう。
皮手袋 皮手袋2 皮手袋3

上の皮手袋はイガを扱っているうちにたくさんのとげが刺さります。
なので、素手ではめると中に飛び出ているとげが刺さってしまうため、もう使い物にはなりません。使い古しを用いるか、栗拾い専用に用意するとよいでしょう。
写真の皮手袋は数組入ってかなり安く手に入れたものです。

安全に効率よく栗拾い

皮手袋を使って収穫した栗です。沢山効率よくたくさん拾えました。

最終更新日: 2017-09-06 10:49:43

ともさんのHP >田舎生活 >家庭菜園 >栗拾いのための手袋

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

JavaFX印刷  
蜂舎の建築  
リンネの花時計  
JIS成人男子用衣料サイズ表  
ミツバチの空き巣板を保存処理しました  
人用の型紙をドール用に変換  
涼感インナーの比較評価  
園芸資材に使う竹  
シャガの栽培、手入れ、増やしかた  
蟻の飼いかた  
ヒマワリの栽培、手入れ、増やしかた  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます