ともさんのHP >ともさんのHP >ともさんのライフプラン >老後の生活費

老後の最低出費の計算

まだまだ定年にはならない年齢なのですが、あわよくばセミリタイアしたいと考えているので、 働かなくなってから必要なお金を計算してみました。
老後生活費

老後の最低生活費26万円はウソ

世間では26万円などと言ってますが、あくまでも平均ですし、 どういった生活をしたいかによっても必要な生活費は、人それぞれ変わった当然ですよね。
我が家についてはどの程度必要なのか考えてみました。

広告

最低限必要なお金

家計簿の過去の記録を参考に、毎月どれくらい必要か考えてみました。

     
  今   老後 
ガス20003000
NHK10001000
浄化槽50006000
固定電話17002500
携帯電話170005000
電気30006000
水道25003000
ネット50005000
食費4000030000
合計7720061500

生きているだけでだいたい6万円くらい。 今の生活は、妻と二人。子供なし。私は単身赴任という2重一人暮らしみたいな環境なので、実際のところどの程度になるのか、よくわかりませんが、このくらいかなと思います。
もうちょっと切り詰めようと思えば携帯電話もいらないのですが、どこまでが最低生活かというと...線引きは難しいですね。車は除外して考えました。
畑があり、家庭菜園に使える時間が増えるので、食事は減るでしょう。放棄田もあるので米も頑張れば作れます。
ずっと家にいることになるので、電気ガス水道料金、浄化槽管理費は上がってしまうでしょう。これは仕方ありません。
その他たくさん漏れている出費や税金等を考えてプラス5万円。11万円くらいかかるでしょうか。

普通に生活するにはあと程度追加が必要か

車、小遣い、それから毎月の出費ではありませんが家の修理代金。歳をとったら通院費もかかるようになるでしょう。
車はいらないと思うのですが、妻は必要だといってます。今は2台あるのですが、将来は1台で十分です。場合によっては所有せずレンタカーを必要なつど借りた方が安いかもしれませんね。
小遣いはたくさん欲しいです。できれば月5万円くらい。3か月に1回旅行に行くとしたら、このくらいは必要になります。すると、夫婦二人で月10万円ほど。
合計すると15万円になります。

普通の老後生活を送るには26万円くらい必要?

最低限必要なお金11万円と普通に生活するためのお金15万円。足すと26万円になりました。
だいたい20万円。このうちお小遣いの割合がかなり多いので、普通というよりは豊かな生活になると思います。
金融広報中央委員会が毎年調査している最低予想生活費が26万円くらいですから、我が家はかなり生活コストが安いと思います。
理由は田舎の持ち家だからでしょう。住居費がほとんどかからないのです。
実際にはお小遣いもそれほど使わないでしょうから、もう少し安く済むかなと思います。

まとめ

定年まで働かずにある程度早く仕事を終えたいと思っているので試算してみました。定年ではないので、仕事をやめる時は自分で決めることができます。
退職時期の判断材料はたくさんあると思います。
簡単なんのは「貯蓄>残りの人生で使うお金」でしょうけれども、インフレとか、いつ死ぬか予測できないので判断材料としてはリスクが大きすぎます。
私の場合、
「退職後の収入>退職後の支出」になって、十分な貯蓄ができていればリタイアしても良いと考えています。
予想はしていましたが、退職後の生活費はかなり必要ですね。ある程度我慢して、その対価として自由な時間を得るという考え方もありますが、悩ましいところです。
いずれにせよアーリーリタイアにはまだまだ早いことがよくわかりました。

最終更新日: 2014-06-22 18:30:02

ともさんのHP >ともさんのHP >ともさんのライフプラン >老後の生活費

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

雑草でグリーンカーテン  
エケベリア植え替え  
E型肝炎体験記  
フラワースタンドの自作  
ウエスト切り替えワンピースの作りかた  
メーラーの引っ越し  
RaspberryPi用Javaサンプルプログラム  
須屋  
3Dシーンに2Dコントロールを表示  
井戸ポンプ  
ファイル選択ダイアログ  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます