ともさんのHP >ものつくり >自分でリフォーム >土塀の屋根の補修

土塀の屋根の修理手順

土塀の上は猫の格好の通路になってます。そのためか、屋根の瓦がずれてしまったので自分で補修しました。

土塀のずれた瓦を元に戻す

現状は下の写真のようになってます。放置すると瓦が落ちて割れてしまい、割れてしまいます。落ちて割れてしまう前に元の位置に戻します。
ずれた瓦

広告

まずはずれている部分の瓦を外します。
修理中の瓦

この瓦たち、実は泥で止めてあるだけです。
瓦の下にある泥を集めて、新しい泥を加え、水で練って再利用します。手が荒れるので、手袋をして作業します。
泥

瓦を元の位置に置き直し、泥をこんもりと載せて、その上に瓦を載せてゆきます。
瓦の位置決め

修理後の土塀瓦

簡単ですがこれで修理完了。地震とかでずれなければあと10年くらいは次の補修はいらないと思います。
泥で固定なんて単純な方法ですが、補修も素人の個人が簡単にできます。昔の人はみんな自分で直していたのでしょう。
修理後の土塀

古い家に住んでいるのですが、修理は早めにするのがコツだと思います。ひどくなってから直すのは大変です。 こまめに見回って早めに修理個所を発見、補修するように心がけています。

最終更新日: 2017-10-09 11:19:40

ともさんのHP >ものつくり >自分でリフォーム >土塀の屋根の補修

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

ツバキの栽培、手入れ、増やしかた  
柿の剪定道具  
新旧文化式とドレメ式原型製図を比較  
玉縁ボタンホールの縫い方  
キャスケット型紙の設計方法と型紙ダウンロード  
重箱式巣箱の図面  
ブルーベリーの挿し木  
ホオノキ  
アリジゴクの飼いかた  
シンプルなパネルラインワンピースの型紙と作りかた  
ベジェ曲線の原理  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます