ともさんのHP >男の洋裁 >男の洋裁・作りかた >トンビコートの試作

トンビコートの試作

自作の型紙を使ってトンビコート(インバネスコート)を試作してみました。
作業時間は12時間くらいでできました。
トンビコート

広告

インバネスコート縫製の手順

普通の服に比べて変則的ですが、下記の順序で作ったらうまくゆきました。
@布のカット(前身頃、後ろ身頃、前袖)
A裏布をカットして貼り付け
B端ミシン
C後ろ身頃と前袖を接合
D左右の後ろ身頃を接合
 E衿の布地に裏布を貼り付け
 Fカット
 Gミシン掛け
 H裏返して衿完成
I後ろ身頃に衿を接合
 J前身頃袷部と首回りの加工
 Kダーツ、ポケット取り付け、ボタンホール加工
L前後身頃を接合
M袖と裾に伸び止めテープをつけて折り返す

試作なので裏布をつけなかったのですが、つけてもおおむね上記の手順で出来るでしょう。

広告

型紙の改良点

今回の試作で気付いたところは型紙楽天 を修正しておきました。
肩が尖がってしまったので丸くしたのと、衿の形を直しました。
型紙をダウンロードされたい方は、別ページからダウンロードしてみてください。

トンビコートの試作写真

まずは型紙を印刷して貼りあわせます。この型紙、今までで一番巨大でした。
A3のプリンターで印刷しましたが、合計30枚くらいプリントアウトして切り貼りしました。これだけでも何時間かかかりました。
型紙の貼りあわせ

作った型紙を布にあて、ロータリーカッターで切ってゆきます。
今回は試作なので、布は扱いやすいデニムを使いました。145cm幅のデニムを一杯に使います。
カッティングマットは特大のものを使っているのですが、全く足りず。半分切ってマットをずらし...ながら切りました。
左は前身頃、右は後ろ身頃です。
前身頃の型紙 後ろ身頃の型紙

カットした後ろ身頃と前袖。前袖はケープのような部分です。名称が判らないので、ここでは前袖と呼びます。
カットした後ろ身頃 前袖

衿も別途作っておきます。
衿

左右の後ろ身頃と前袖を接合します。前袖と後ろ身頃は肩の部分だけとりあえず縫っておきます。
後ろ身頃接合

これに衿を取り付けます。
裏側の処理がきわめてきたないですが...男の洋裁ってことで、自分で着るものですから。 衿の接合 衿の完成

ここまで作ると、下のようになります。90度回転していますが気にしないでください。
前身頃がすこんと抜けているので変ですね。
インバネスコート

前身頃は首回りの処理を下のようにしてから接合します。これも雑ですねぇ。
首回り

前身頃にダーツをつけて、ボタンホール楽天 をつける部分を折り返します。
さらにボタン楽天 ホールとポケットを付けて、前身頃の下ごしらえが完了。
前身頃ダーツ ポケット取り付け

広告

大変わかりづらいのですが、前身頃は下の写真のように接合します。
アイロン接着両面テープで仮止めしてからミシン掛けしました。
前身頃接合 前身頃接合

縫っていなかった後ろ身頃と前袖の残りの部分と脇を縫います。
脇の最上部では裏表が逆転しますから、間違わないように縫いましょう。 この部分、非常に説明しづらいです。
身頃の結合 身頃の結合

袖と裾に伸び止めテープを貼って折り返し、ボタンをつけたら完成です。

自作トンビコート

こんな感じにできました。
トンビコート

初めてにしては上出来の部類。肩が尖がってしまったので、型紙はこの部分丸く修正しておきました。
衿の出来がいま一つくらい。ポケットは四角い布を貼ったのですが、内側に作るべきでしょう。

最終更新日: 2013-12-09 21:48:42

ともさんのHP >男の洋裁 >男の洋裁・作りかた >トンビコートの試作

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

スリットカメラアプリケーション  
ゴアテックス生地の入手方法  
洗濯物干しハンガーの自作  
3次元CADで帽子の型紙  
【Java】画像の座標変換のためのクラス  
USBカメラをJAVAで制御して定点観測  
ミソハギの育てかた  
3次元CADでぬいぐるみ  
JavaFXのMeshViewに衝突判定を付加  
ニセアカシアの伐採  
小動物の飼いかた  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます