ともさんのHP >男の洋裁 >男の洋裁・作りかた >スマートフォン手袋の自作方法


スマートフォン手袋の自作方法

手袋していてもスマートフォンを操作できるように手袋を改造しました。
自作スマホ手袋3 導電糸

広告

用意するもの。ニットの手袋、導電糸、針。以上
手袋は皮製でも糸を縫えれば(たぶん)OK。
原理としては、指とスマホのパネルの間が手袋が邪魔して導通しなくなっているものを、導電糸で通じるようにしてあげることになります。

導電糸は、「導電糸」でググるとAmazonなどでたくさん出てくるので、適当なところで購入すべし。

寒くなってきて、手袋をしているとスマホの操作が出来ないので糸を縫い付けました。
写真のように、人差し指の先端に、適当にぐるぐる縫い付けるだけでOKでした。
但し、左の写真程度では、今一つ反応悪い。右くらい縫い付けると確実に反応してくれました。
自作スマホ手袋1 自作スマホ手袋2

スマフォ手袋は販売されていますが、導電テープがあれば簡単に自作できますので、試してみてください。

自作スマフォ手袋の欠点

導電糸は熱伝導もよくて、糸に触れる指先が若干冷たいです。

最終更新日: 2013-11-15 05:12:59

ともさんのHP >男の洋裁 >男の洋裁・作りかた >スマートフォン手袋の自作方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

洋裁CAD用部品ファイルの作り方  
型紙の製図方法  
CADデータエクセルファイルに変換するJavaClass  
自作したミツバチの巣箱  
Javaで静止画像(Jpeg)を動画(Mov)に変換  
蜂舎のこと  
「吉田式巣箱」の製作:巣箱編  
ミツバチ用電気柵の構造  
【家庭菜園】輪作プラン  
小屋作り  
ミツバチの巣箱  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます