ともさんのHP >ものつくり >電子工作 >自動揚水ポンプを自作

自動揚水ポンプを自作してみました

休耕田を借りることにしました。稲を作ります。
この水田の水は、上の田んぼから落としていたのですが、今では上の田んぼも休耕田になっています。なので水が入れられない。
たまたまなのですが、用水路が水田の下を通っているので、こちらからくみ上げることにしました。隣りといってもこの水は別の地区へゆくものなので、厳密には水利権がありません。頼んだらOKだったので使えることになったのです。
ところがこの用水、池からの配水なのでいつも水が通っているとは限りません。
休日しか世話できないので、タイミングよく水をくみ上げないと、給水もおぼつきません。
そこで太陽電池で自動的に水をくみ上げる装置を作ってみました。

太陽電池を利用した自動揚水装置の回路

太陽電池楽天 とポンプは大阪、日本橋のジャンク店で手に入れました。回路図の構成は下図。
自動揚水装置の回路

広告

入手出来たポンプは12V駆動、太陽電池の発電電圧は14.7Vなので、 間に定電圧回路を入れてポンプに12V以上の電圧が入らないようにしました。
傾斜スイッチは角度によりON/OFFするもので、先端に発泡スチロールを付けて 用水路に沈め、水がある時だけONになるようにしました。
逆止弁はポンプが止まった時に水が逆流しないためのものです。
実際には灯油などを移すときに使うサイホンをホースの先に繋いでいます。 ポンプは晴れて用水路に水がある時だけ動きます。

自作自動揚水装置の外観

広告

揚水装置の外観

太陽電池とポンプは上のように台を作って組み込みました。
自作揚水装置の内部 ポンプ箱の中はこんな感じ

実はこの揚水ポンプ、実際にはうまく動いてくれませんでした。
水の中の藻や小さなごみがポンプ内の羽に絡まってしまい、ポンプが勢いよく回っても空回り。 つまり大失敗。
田んぼの給水は結局、週末水のあるときにしか出来ません。
水位が低下して土が露出してしまうと、稲は枯れなくてもたくさんの雑草が生えてしまいます。
単身赴任で米作りはやっぱり無理があるようですね。

最終更新日: 2015-05-08 06:15:45

ともさんのHP >ものつくり >電子工作 >自動揚水ポンプを自作

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告
おすすめ記事
新着ページ

グラジオラスの栽培、手入れ、増やしかた  
カタクリの栽培、手入れ、増やしかた  
ズボンの持ち出しの作りかた  
オオイヌノフグリ  
ものつくり  
アロエの株分け  
屋根から作り始めて最後に基礎を作る建物  
メッシュアニメーション  
JavaFX アニメーション  
バードフィーダーの自作  
平坦なTriangleMesh作成Class  

私の他のサイト

ともさんの箱庭(ブログ)
家庭菜園
3D-CAD
洋裁CAD

いいねなど

 RSS 
PageSpeedInsights
html5チェック

Author: Tomoyuki Ito

このサイトの文章・写真の無断転載を禁じます